PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明

News

ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明

2017-09-19 掲載

株式会社ズームは、ゼンハイザーと同社の「AMBEO for VR」パートナーシッププログラムに参加することで合意し、ゼンハイザーのAMBEO VRマイクに対応する、F8/F4用の最新ファームウェア・アップデートを年内にリリースすることを発表した。

同最新ファームウェアを適用することで、F8/F4でAMBEO VRマイクで収音された360°音声(Ambisonics方式)の信号モニタリングが可能になり、AMBEO VRマイク内蔵の4つのマイクカプセルのゲイン調整が1つのノブで同時に行えるようになる。VRコンテンツ収録現場でのモニタリングや録音レベルの調整が、より簡単かつスムーズに行えるとしている。

AMBEO VRマイク対応のF8用ファームウェアは2017年9月下旬、F4用ファームウェアは同年12月リリース予定。また、今回の「AMBEO for VR」パートナーシップへの参加表明に併せて、ズームおよびゼンハイザーはともに、2017年9月14日から19日(現地時間)の期間中にオランダ・アムステルダムで開催されている国際放送機器展示会「IBC2017」にて、F8/F4とAMBEO VRマイクを組み合わせたデモ用セットを展示する。

ゼンハイザーAMBEO担当 取締役 Véronique Larcher氏と、株式会社ズーム 代表取締役CEO 飯島雅宏氏は次のようにコメントしている。

Véronique Larcher氏:ズームがVRパートナーシップの一環でAMBEOに対応してくださったことを喜ばしく思います。AMBEO VRマイクのA-BコンバータをズームF8/F4に搭載することにより、VRコンテンツクリエイターはこれまで以上に便利で簡単にVRコンテンツを制作できることとなりました。

飯島氏:私どもズームでは、オーディオレコーディングの新たなテクノロジーについて、常に深い関心を寄せております。VRオーディオの世界は将来性が見込まれ、ゼンハイザーAMBEOとの提携による革新的なVR録音ソリューションを、プロフェッショナルを含む幅広いF8/F4ユーザーの皆様にご提供できることを嬉しく思っております。


[ Category : , ]
[ DATE : 2017-09-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ZOOM、8チャンネル入力、最大10トラック同時録音、最高24ビット/192kHz対応の業務用フィールドレコーダー「F8n」を発売

株式会社ズームは、8チャンネル入力、最大10トラック同時録音、最高24ビット/192kHz対応の業務用フィールドレコーダー「F8n」を2018年6月下旬に発売する。希望小売価格はオ... 続きを読む

システムファイブ、「ガンマイク&ワイヤレスシステム シーン別マイキング解説セミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2018年5月22日(火)に「ゼンハイザー ガンマイク&ワイヤレスシステム シーン別マイキング解説セミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEA... 続きを読む

ZOOM、Uシリーズに「Avid Pro Tools|First」と20種のプラグインを無償提供

株式会社ズームとAvid Technology社は、ZOOM Uシリーズ(U-22/U-24/U-44)ユーザーを対象に、DAWソフト「Pro Tools」のエントリーグレード「P... 続きを読む

ZOOM、軽量コンパクトなフィールドレコーダー「F1」を発売

F1-SP(左)、F1-LP(左) 株式会社ズームは、同社フィールドレコーダー(Fシリーズ)のラインナップとしてオーディオレコーダー「F1」を2018年2月上旬に発売する。F... 続きを読む

ティアック、DR-701DのファームウェアV2.00を発表。SENNHEISERとパートナーシップを締結し、VRコンテンツの音声収録に適したアンビソニックマイクに対応

ティアック株式会社は、独SENNHEISER社とパートナーシップを締結し、AMBEO VR MICなどのアンビソニックス音声収録に対応した「DR-701D」の新ファームウェアV2.... 続きを読む

トップ > ニュース > ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明