PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、民生用カムコーダー4Kハンディカム「FDR-AX700」を発売。4K HDR記録対応、ファストハイブリッドAFシステムを採用

News

ソニー、民生用カムコーダー4Kハンディカム「FDR-AX700」を発売。4K HDR記録対応、ファストハイブリッドAFシステムを採用

2017-09-20 掲載

ソニーは、1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載したデジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム「FDR-AX700」を2017年10月13日に発売する(予約販売開始は9月26日)。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別200,000円前後。

FDR-AX700は、業務用モデル「PXW-Z90」「HXR-NX80」と同様に、広範囲・高密度に測距点を配置し、高速性・高い追従性を実現するファストハイブリッドAFシステムを搭載。同社のHXR-NX80からハンドルを搭載しないモデル。

イメージセンサーには273点の像面位相差検出AFセンサーを配置し、画面の最大約84%をカバー。AFの駆動速度を7段階に、追従範囲・乗り移り感度をそれぞれ5段階に設定可能。1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを搭載しており、画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIの組み合わせにより、画素加算のない全画素読み出しの4K動画を最大100Mbpsので記録可能。最大広角29mmのZEISSバリオ・ゾナーT*レンズは、光学12倍、全画素超解像ズーム機能を用いて18倍ズームが可能。AAレンズ(advanced aspherical=高度非球面成型)とED(特殊低分散)レンズを含む11群17枚のレンズを採用。加えて、センサーからの高速読み出しにより、鉄道などの高速な被写体を撮影する際に起こりやすい動体歪み(ローリングシャッター現象)を低減する。

HLG方式による4K HDR撮影に対応。HLG方式で記録した映像は、撮影後にカラーグレーディングを必要としないため、効率的なHDR映像の制作が可能だとしている。最高960fpsのスーパースローモーション撮影、フルHD記録での最高120fpsのスロー&クイックモーション撮影や、S-Log3/S-Gamut3等の収録にも対応。

約236万ドット相当の有機ELを採用し、3.5型ワイド液晶モニター(約156万ドット)を搭載。2つのメモリーカードスロットで、同時記録(同一記録モードのみ)やリレー撮影が可能なため、バックアップ記録や長時間記録に対応している。プロキシー記録や、TC(タイムコード)/UB(ユーザービット)記録にも対応。HDMI Type A端子に加え、リモート端子ステレオミニミニジャック(Φ2.5mm)を搭載。その他にも、HDMI端子、リモート端子を搭載し、別売のリモートコマンダー「RM-1BP・RM-30BP」や、コンパクトライブスイッチャー「MCX-500」とのケーブル接続も行える。記録フォーマットは、XAVC SとAVCHDを採用。2.4GHz帯で通信可能なWi-Fi接続機能も搭載している。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

[InterBEE2017]ソニーブース:UHC-8300やVENICEを展示。有線式ドローンシステムも参考出品

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

ソニーは、2018年にBS4K実用放送の開始に向けて、4K映像を圧縮できるビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200(正式名称:XAVC QFHD Long422 20... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、2/3型3CMOSイメージセンサー搭載のHDポータブルカメラ「HXC-FB80」、4Kアップコンバート出力対応のカメラコントロールユニット「HXCU-FB80」を発表

HDポータブルカメラ「HXC-FB80」 ソニーは、2/3型3CMOSイメージセンサー搭載の3G伝送対応HDポータブルカメラ「HXC-FB80」と、4Kアップコンバート出力に... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、4Kライブ映像制作に対応したマルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」を発表

左:マルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」、右:コントロールパネル「ICP-X7000」 ソニーは、スポーツイベントや番組向けの4Kライブ映像制作に対... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、VENICEのパフォーマンスに関する所感や、現場での活用事例などを紹介するCineAltaセミナーをInterBEE 2017ブース内にて開催

ソニーは、2017年11月15日から17日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2017」の同社ブース(ホール6/No.6112)内のメインステ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、民生用カムコーダー4Kハンディカム「FDR-AX700」を発売。4K HDR記録対応、ファストハイブリッドAFシステムを採用