PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合

News

Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合

2017-09-27 掲載

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Blackmagic Designの発表によると、20世紀フォックスの映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」のプロダクションおよびポストプロダクションにおいて、DaVinci Resolve Studioが使用されたという。SDRおよびHDRで納品された同作品は、ジョシュア・カリス・スミス氏がオンセットデイリーを担当し、Goldcrest Postがオンライン編集と最終的なDIを行った。

コミック「キングスマン」の実写映画の第2弾では、2014年公開の「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」に引き続き、カメラマンのジョージ・リッチモンド氏が、DITのカリス・スミス氏とGoldcrestのシニアカラリストのロブ・ピッツィ氏と再びタッグを組んだ。

スミス氏:「キングスマン:ゴールデン・サークル」では、1作目と同じ洗練されたリッチな雰囲気を踏襲しつつ、2作目独自のルックを目指しました。1作目の「キングスマン」で使用したDaVinci Resolveを基に、GoldcrestのDIスイートに合わせて調整された25インチの有機ELディスプレイにすべてのイメージを送信しました。Smart Videohubを使って映像をビデオオペレーターに送信し、ビデオオペレーターがさらに他のスタッフへと送信します。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

オンセットのDITカートには、Blackmagic UltraStudio 4Kキャプチャ・再生デバイスおよび複数のSmartScope Duo 4Kモニターも組み込まれている。グレーディングは、カラリストのピッツィ氏が前もって制作していたルックアップテーブルを使用し、DaVinci Resolveで仕上げられた。

ピッツィ氏:「キングスマン:ゴールデン・サークル」ではVFXショットが多用され、HDRでの納品を考慮する必要もあったため、1作目の「シークレット・サービス」と比べて仕事の量が格段に増えました。劇場用のDolby Vision、家庭内での視聴用のHDR10など、複数のHDRバージョンの納品だけでなく膨大な数のVFXセットを扱う必要がありましたが、DaVinci Resolveはすべてスムーズに処理できました。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

また、コンフォームおよびオンライン編集もGoldcrestのダニエル・トムリンソン氏によりDaVinci Resolve Studioを使って行われた。これにより編集が変更されたりビジュアルエフェクトがアップデートされた際に、チーム内で効率的に対応できたという。

ピッツィ氏:RAWのラッシュで作業したので、最大限の柔軟性を得られました。すべての納品形態に関してHDRグレーディングはライブのDIタイムラインが基になっているので、オリジナルのグレーディングのあらゆる部分やフィネスにアクセスでき、HDRで最高の結果を得られます。

HDRのグレーディングは、単にHDRモニターでREC 709バージョンを再生成することではありません。オリジナルの素材がどのように撮影されたかに尽きます。「キングスマン:ゴールデン・サークル」では¥十分なダイナミックレンジを得られたので、コントラスト比を広げて、繊細な調整を行うことができました。うまく調整すれば驚くほど素晴らしい結果が得られます。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ピッツィ氏:カラーワークフローは1作目から確実に進化しましたが、唯一変わらなかったパズルのピースはDaVinci Resolveです。「キングスマン:ゴールデン・サークル」のポストプロダクションが成功したのは、DaVinci Resolveによるところが大きいと言えます。DaVinci Resolveのおかげで、DITから最終的な仕上げまで編集ワークフローのすべての過程で一貫性のあるカラーマネージメントが可能でした。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolveトレーニング「Giles Liveseyのクリエイティブカラーコース」を開催

ブラックマジックデザイン株式会社は、2月14~16日の3日間、イギリス人カラリストのGiles Livesey氏を講師に迎え、カラーグレーディングの基礎からクリエイティブなルック作... 続きを読む

URSA Mini Pro 4.6K事例:コーヒーチェーン店OldTown White Coffeeのドキュメンタリーの場合

Blackmagic Designの発表によると、北京に拠点を置くLingfang Media Co., Ltd.が、コーヒーチェーン店Old Town White Coffeeの... 続きを読む

システムファイブ、Blackmagic Design認定トレーナー林和哉氏による「DaVinci Resolve 14 Color Basicハンズオントレーニング」を開催

株式会社システムファイブは、2018年1月18日(木)に「DaVinci Resolve 14 Color Basicハンズオントレーニング」を開催する。会場は東京・半蔵門のPRO... 続きを読む

システムファイブ、Blackmagic Design認定トレーナー山本久之氏によるDaVinci Resolve 14ハンズオントレーニングを開催

株式会社システムファイブは、2018年1月17日と1月29日にDaVinci Resolveのハンズオントレーニング「はじめてのDaVinci Resolve 14」を開催する。会... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:コロナビールのCMの場合

Blackmagic Designの発表によると、コロナビール(Corona Extra)のCMのポストプロダクションに、DaVinci Resolve Studio 14が使用さ... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合