PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合

News

Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合

2017-09-27 掲載

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Blackmagic Designの発表によると、20世紀フォックスの映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」のプロダクションおよびポストプロダクションにおいて、DaVinci Resolve Studioが使用されたという。SDRおよびHDRで納品された同作品は、ジョシュア・カリス・スミス氏がオンセットデイリーを担当し、Goldcrest Postがオンライン編集と最終的なDIを行った。

コミック「キングスマン」の実写映画の第2弾では、2014年公開の「キングスマン:ザ・シークレット・サービス」に引き続き、カメラマンのジョージ・リッチモンド氏が、DITのカリス・スミス氏とGoldcrestのシニアカラリストのロブ・ピッツィ氏と再びタッグを組んだ。

スミス氏:「キングスマン:ゴールデン・サークル」では、1作目と同じ洗練されたリッチな雰囲気を踏襲しつつ、2作目独自のルックを目指しました。1作目の「キングスマン」で使用したDaVinci Resolveを基に、GoldcrestのDIスイートに合わせて調整された25インチの有機ELディスプレイにすべてのイメージを送信しました。Smart Videohubを使って映像をビデオオペレーターに送信し、ビデオオペレーターがさらに他のスタッフへと送信します。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

オンセットのDITカートには、Blackmagic UltraStudio 4Kキャプチャ・再生デバイスおよび複数のSmartScope Duo 4Kモニターも組み込まれている。グレーディングは、カラリストのピッツィ氏が前もって制作していたルックアップテーブルを使用し、DaVinci Resolveで仕上げられた。

ピッツィ氏:「キングスマン:ゴールデン・サークル」ではVFXショットが多用され、HDRでの納品を考慮する必要もあったため、1作目の「シークレット・サービス」と比べて仕事の量が格段に増えました。劇場用のDolby Vision、家庭内での視聴用のHDR10など、複数のHDRバージョンの納品だけでなく膨大な数のVFXセットを扱う必要がありましたが、DaVinci Resolveはすべてスムーズに処理できました。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

また、コンフォームおよびオンライン編集もGoldcrestのダニエル・トムリンソン氏によりDaVinci Resolve Studioを使って行われた。これにより編集が変更されたりビジュアルエフェクトがアップデートされた際に、チーム内で効率的に対応できたという。

ピッツィ氏:RAWのラッシュで作業したので、最大限の柔軟性を得られました。すべての納品形態に関してHDRグレーディングはライブのDIタイムラインが基になっているので、オリジナルのグレーディングのあらゆる部分やフィネスにアクセスでき、HDRで最高の結果を得られます。

HDRのグレーディングは、単にHDRモニターでREC 709バージョンを再生成することではありません。オリジナルの素材がどのように撮影されたかに尽きます。「キングスマン:ゴールデン・サークル」では¥十分なダイナミックレンジを得られたので、コントラスト比を広げて、繊細な調整を行うことができました。うまく調整すれば驚くほど素晴らしい結果が得られます。

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ピッツィ氏:カラーワークフローは1作目から確実に進化しましたが、唯一変わらなかったパズルのピースはDaVinci Resolveです。「キングスマン:ゴールデン・サークル」のポストプロダクションが成功したのは、DaVinci Resolveによるところが大きいと言えます。DaVinci Resolveのおかげで、DITから最終的な仕上げまで編集ワークフローのすべての過程で一貫性のあるカラーマネージメントが可能でした。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:エプソン販売株式会社のオフィスエントランスの場合

Blackmagic Designの発表によると、ATEM 2 M/E Broadcast Studio 4K、Teranex Mini、Mini Converterが、JR新宿ミ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ロンドンのRed Bull Gaming Sphereの場合

Blackmagic Designの発表によると、ロンドンのRed Bull Gaming Sphereにおいて、URSA Mini Pro、Micro Studio Camera... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 15有償トレーニング「Giles Liveseyのクリエイティブカラーコース」を開催

ブラックマジックデザインは、2018年11月26日~28日の3日間、イギリス人カラリストのGiles Livesey氏を講師に迎え、カラーグレーディングの基礎からクリエイティブなル... 続きを読む

DaVinci Resolve事例:シンガポール映画「カトンプールでの最後の日」の場合

Blackmagic Designの発表によると、映画「カトンプールでの最後の日」のカラーグレーディングにDaVinci Resolveが使用されたという。HDRの同作は、先日、日... 続きを読む

URSA Mini Pro事例:長編ドキュメンタリー映画「太陽の塔」の場合

© 2018 映画「太陽の塔」製作委員会 Blackmagic Designの発表によると、長編ドキュメンタリー映画「太陽の塔」の撮影に、URSA Mini Pr... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:「キングスマン:ゴールデン・サークル」のカラーワークフローの場合