PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

News

GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

2017-09-29 掲載

GoProは、防水仕様の5.2K全天球カメラ「Fusion」を発表した。米国での販売価格は699.99ドル。日本国内での発売時期・価格は未定。

Fusionは、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能。Fusionはユーザーの周りの全てを逃すことなく記録し、スタビライザーを使用しているかのような撮影が可能だとしている。GoPro Appにて撮影した映像のプレビューや、VRコンテンツのシェアが行え、VRコンテンツから通常の画角の動画として切り出す機能「Over Capture」も搭載している。

FusionはGoPro.comにてアメリカ、カナダ、イギリス、およびEU各国を対象にプレオーダーを受付を開始しており、2017年11月の発送予定。また、製品発送に合わせPC用のデスクトップソフトウェア「Fusion Studio」をリリースする。Over Capture機能は2018年初旬にリリースし、GoPro Appの新バーションにてiOS、Androidのモバイル端末でも対応予定だ。Fusionの主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 5.2K 30、3K60全天球ビデオ
  • 18MP全天球フォト
  • GoPro Appとの互換性
  • 360度のVR動画から通常の画角の動画として切り出す“OverCapture”機能
  • 進化したビデオスタビライゼーション
  • 360オーディオ
  • 5m防水
  • タイムラプスビデオ、タイムラプスフォト、ナイトラプス、バーストモード
  • 既存のマウントとの互換性
  • 10ヶ国語対応のボイスコントロール
  • GPS、加速度計、ジャイロスコープ
  • WiFi+Bluetooth

[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

GoPro、カメラ技術をジェイビルにライセンス提携。GoPro技術がさらに多くのデバイスに投入

GoProは、センサーメーカーのJabil(ジェイビル)と、カメラレンズおよびセンサー技術を幅広い製品に使用できる、複数年ライセンス契約をした。JabilはGoProのリファレンス... 続きを読む

NGC、KANDAOの360° 3D撮影が可能なVRカメラ「Obsidianシリーズ」を発売

株式会社エヌジーシーは、中国・深センのKANDAO Technology Co, Ltd(以下:KANDAO)と代理店契約を締結。国内唯一の代理店として2018年1月1日よりKAN... 続きを読む

GoPro社の行方。アクションカメラ販売不振、Karma失敗、そして人員削減

1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止符を打ち、20%の雇用(250人)をカットする方針を伝えた。2... 続きを読む

マンフロット、360°VR撮影サポート機材を発売

MBASEPROVR VR撮影サポートレベリングベース S マンフロット株式会社は、360°VR撮影サポート機材としてベース3モデル、エクステンションブーム3モデルを2018... 続きを読む

玄光社、「360度VR動画メイキングワークフロー」を発売

株式会社玄光社は、ムック「360度VR動画メイキングワークフロー」(著者・監修:染瀬直人)を2018年1月22日に発売開始した。A4変型判、136ページで、定価は税別3,000円。... 続きを読む

トップ > ニュース > GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表