PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 映像ミュージアム公募展「MEC Award 2018」の展示作品の募集開始。自分の作品を上映できるチャンス!
News

映像ミュージアム公募展「MEC Award 2018」の展示作品の募集開始。自分の作品を上映できるチャンス!

#EVENT

2017-09-29 掲載

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムは、2017年10月1日~2017年11月30日の期間中、映像ミュージアム公募展「MEC Award 2018(Media Explorer Challenge Award 2018)」の作品を募集する。

MEC Award—Media Explorer Challenge Award—は、2012年から映像表現の才能を発掘、バックアップする公募展として開催されており、本年度も映像表現の可能性に果敢にチャレンジする冒険者、探求者Explorer(エクスプローラー)からの募集を行う。

募集作品は、2017年2月以降に完成または発表した15分以内の映像作品で、2作品まで応募可能。一台のモニターやプロジェクターでの上映に限らず、マルチチャンネルのプロジェクションや、オブジェ等と組み合わせたインスタレーション作品の応募も可能。既存の映像装置を使っていなくても、映像という概念に問いを投げかけるような作品やVRなどを使ったインタラクティブ作品も募集している。テーマ・ジャンルは問わない。なお入選作品は、2018年3月17日~4月8日に開催予定の「MEC Award 2017入選作品展」にて展示される。

審査員は、菅野薫氏(電通CDC/DentsuLab Tokyoエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジスト)、塩田周三氏(ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役)、四方幸子氏(キュレーター)、森弘治氏(アーティスト)。

またMEC Award大賞の副賞として、彩の国ビジュアルプラザ内施設の100時間までの無償利用権が授与される(利用できる施設:HDスタジオ、映像ホール、編集室、MA室、レンタル機材ほか)。

MEC Award 2018(Media Explorer Challenge Award 2018)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アスクとEIZO、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を開催

株式会社アスク メディア&エンタープライズ事業部(アスク・エムイー)とEIZO株式会社は共催で、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を2020年8月20日に開催する... 続きを読む

オーディオストックとスペースシャワーネットワークが共同でオンラインセミナー「実践!放送&配信でおさえておきたい著作権」を開催

ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストックは、株式会社スペースシャワーネットワー クと共同で、放送業界や映像制作業界の人を対象にした... 続きを読む

ソニー、「SSFF & ASIA」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート。新たに「スマートフォン映画作品部門」を始動

ソニーは、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(以下:SSFF & ASIA)」が2020年8月1日より作品募集を開始... 続きを読む

RODE、短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催

豪州RODE MICROPHONES社は、今年で7回目を迎える短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催する。応募期限は2020年10月7日午前10時(日本時間)まで、受... 続きを読む

ソニー、ジャンルの垣根を超えデジタルエンターテインメントの新たな才能を発掘する「Sony Talent League by THU」を開催

ソニーは、クリエイティブコミュニティ「Trojan Horse was a Unicorn(THU)」とともに、2020年7月31日~10月19日の期間中、ジャンルの垣根を超えデジ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 映像ミュージアム公募展「MEC Award 2018」の展示作品の募集開始。自分の作品を上映できるチャンス!