PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄、リアルタイムフラッシュコレクタ「RFC-ONE」を出荷開始。フラッシュ光による明滅を自動的に補正・除去

News

朋栄、リアルタイムフラッシュコレクタ「RFC-ONE」を出荷開始。フラッシュ光による明滅を自動的に補正・除去

2017-10-06 掲載

株式会社朋栄は、フラッシュ光による激しい明滅を自動的に補正、除去可能なリアルタイムフラッシュコレクタ「RFC-ONE」の出荷を開始した。希望小売価格は税別245万円。

近年、記者会見やイベントの現場において被写体に向けてたかれるフラッシュ光による画面の明滅は、視聴者の健康への影響が懸念されており、番組中に激しい明滅が想定される場合においては、「フラッシュが大量にたかれています。激しい光の点滅がありますので、ご注意ください」といった注意喚起の字幕をあらかじめ表示させることが多くなった。

そこで同社は、ランダムに発生するフラッシュ光を除去するための画像処理技術を新たに開発。フラッシュの明滅をリアルタイムに自動補正する機器としてRFC-ONEを発表した。RFC-ONEにより、注意喚起の追加字幕を表示することなく番組を放送できるようになるとしている。

RFC-ONEは、同社独自の画像認識と画像処理により、HD-SDIから入力された1080/59.94i、50iのHD映像からフラッシュによる明滅したフレームを検知し、白飛びのないフレームへとリアルタイムに補正。フラッシュによる明滅のない自然な映像として出力する。画像処理によって補正を行っているため、生中継の映像だけでなく、撮影後の収録映像からでもフラッシュの明滅を軽減可能だとしている。

※RFC-ONEは日本放送協会様との共同開発製品

[ Category : ]
[ DATE : 2017-10-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

NAB2018での出展製品を一堂に展示した「朋栄内覧会」を開催

毎年恒例のプライベートショーを今年も開催 株式会社朋栄は、5月17日(木)および18日(金)の二日間、東京・恵比寿の同社本社にてNAB2018で展示した各種ソリューシ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:フジテレビより4K/HD対応リモートサブシステムなどを受注

ビデオスイッチャーHVS-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社フジテレビジョンより、VAスタジオ向けに4Kに対応したスタジオサブシステム向けのリモートサブシステム、... 続きを読む

朋栄、「KOBA2018」出展概要を発表。12G-SDI搭載製品などの4K対応製品・ソリューションを展示

12G-SDI対応ビデオスイッチャ-「HVS-6000」 株式会社朋栄は、2018年5月15日~18日の4日間、韓国ソウル市江南区にあるCOEXにて開催される「KOBA201... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄、リアルタイムフラッシュコレクタ「RFC-ONE」を出荷開始。フラッシュ光による明滅を自動的に補正・除去