PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、EOSシリーズが9,000万台、EFレンズが1億3,000万本の累計生産数を達成

News

キヤノン、EOSシリーズが9,000万台、EFレンズが1億3,000万本の累計生産数を達成

2017-10-17 掲載

キヤノンは、同社のレンズ交換式カメラEOSシリーズの銀塩(フィルム)とデジタルの双方を合わせた累計生産数が、2017年9月20日に9,000万台を達成したことを発表した。また、EOSシリーズ用の交換レンズであるEFレンズは、10月12日に累計生産数1億3,000万本を達成した。

記念ロゴマーク

EOSシリーズは、完全電子マウント方式を採用した銀塩方式のAF一眼レフカメラとして、交換レンズのEFレンズとともに1987年3月に誕生。誕生30周年の節目となる今年、新たな累計生産数のマイルストーンを達成した。9,000万台目に生産したカメラは「EOS 5D Mark IV」、1億3,000万本目に生産したレンズは「EF16-35mm F2.8L III USM」だったという。

EOSシリーズは誕生以来、「快速・快適」をコンセプトに、そしてデジタルの時代に入ってからは「高画質」も加え、キーデバイスであるCMOSセンサー、映像エンジン、交換レンズをすべて独自開発している。EFレンズには、「USM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)」や「IS(Image Stabilizer=手ブレ補正機構)」、「DO(Diffractive Optics=積層型回析光学素子)」などのさまざまな技術を搭載している。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-10-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、プロ・ハイアマチュア向け望遠ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、同社のレンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズ「EFレンズ」の新製品として、中望遠70mmから望遠200mmまでのズーム全域で開放F値が一定の望遠ズームレンズ「E... 続きを読む

キヤノン、「After NAB Show 2018」の出展概要を発表。EOS C700 FFやCN-E20mm T1.5 L Fなどの新製品を国内初展示

※写真は昨年の同社ブースの様子 キヤノンは、2018年5月23~24日の2日間、東京・秋葉原UDXで開催される「After NAB Show 2018」に出展する。 同... 続きを読む

キヤノン、業務用映像機器の機能拡張ファームウェアを公開

キヤノンは、同社の業務用映像機器を対象とした機能追加ファームウェアを2018年4月6日より無償で提供開始した。対応機種は、EOS C700/C700 GS PL、EOS C300 ... 続きを読む

[NAB2018]キヤノン、NAB2018出展概要を発表。EOS C700 FFや業務用4Kディスプレイなどの新製品を多数展示

※写真は昨年の様子 キヤノンUSAは、2018年4月9日から12日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2018に出展する(セントラルホール/C4325)。 同... 続きを読む

[NAB2018]キヤノン、4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ3機種を発表

写真左上から「CJ24e×7.5B」「CJ14e×4.3B」「CJ18e×7.6B」 キヤノンは、2/3型センサーを搭載した4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズとして「... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、EOSシリーズが9,000万台、EFレンズが1億3,000万本の累計生産数を達成