PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アドビ、Adobe MAX 2017で次世代のAdobe Creative Cloudを発表

News

アドビ、Adobe MAX 2017で次世代のAdobe Creative Cloudを発表

2017-10-19 掲載

アドビは、クリエイティビティのカンファレンス「Adobe MAX」で、UI/UXデザインのための「Adobe XD CC」、2Dと3Dを合成してリアルな画像を作成する「Adobe Dimension CC」、顔認識で2Dアニメーションを自動生成する「Character Animator CC」、クラウドベースの新しい写真サービス「Adobe Photoshop Lightroom CC」など4つの新しいアプリケーションを含む、次世代のCreative Cloudを発表した。また、Photoshop CC、InDesign CC、Illustrator CC、Premiere Pro CCなどの主要アプリケーションの機能アップデートとAdobe Stockの大幅なサービス拡張も発表した。

Creative Cloudメンバーの方は10月18日より無償でダウンロード可能。購入プランには個人、学生、チーム、教育機関、官公庁、エンタープライズ向けがある。アドビのモバイルアプリについては、Apple App StoreおよびGoogle Playからダウンロード可能。

4つの新しいアプリケーション

■Adobe XD CC

モバイルアプリやWebサイトなどのデザインおよびプロトタイピングのためのオールインワンのクロスプラットフォームソリューション。

■Adobe Dimension CC

roject FelixがDimensionとして生まれ変わったアプリケーション。写真のようにリアルな3D画像を素早く作成することができるという。

■Adobe Character Animator CC

これまでベータ版で提供されてきたアプリケーションが正式リリース。Character Animatorは、スティーヴンコルベアのトーク番組「The Late Show」、アニメ「ザ・シンプソンズ」、ジムクレイマーの「Mad Money」などの番組で使用された。新機能には、ポーズ間ブレンドや、新しい物理動作、ビジュアルパペットコントロールなどが含まれる。また、Adobe Senseiの活用によって、口の動きと音声の正確なマッチングが実現し、リップシンク機能を改善した。

■Lightroom CC

場所を問わず写真の編集、整理、保管、共有を可能にする、アドビの新たなオンライン連携可能な写真サービス。フル解像度での画像編集が可能で、変更はモバイル、デスクトップ、Webのすべてに自動的に同期される。写真の整理も簡単になり、それぞれの写真に自動的に検索用のキーワードが付与されるため、面倒なタグ付け作業から解放される。また、ソーシャルメディアでの写真の共有も簡単に行えるという。

主要なアプリケーションの新機能および拡張機能

■Adobe Photoshop Lightroom Classic CC

これまでのPhotoshop Lightroom CCはPhotoshop Lightroom Classic CCという名称になり、パフォーマンスや編集機能などを改善。埋め込みプレビューのワークフローが改善され、大幅に高速化されたため、大量の写真をスクロールして、画像のサブセットを選択可能。

■Adobe Photoshop CC

写真のサポート機能、アドビラーニングやチュートリアルの大幅な改善と全体的な性能向上を図っている。

■Adobe Illustrator CC

複数のワークフロー、ユーザーエクスペリエンス、およびパフォーマンスが向上。

■Adobe InDesign CC

効率的な作業を実現する機能を追加することで、複数ページのレイアウト作成がさらに容易になるとしている。

■Adobe Premiere Pro CC

コラボレーション機能、360° VRの没入型ワークフローとレスポンシブモーショングラフィックスコントロールが加わった。

■Adobe After Effects CC

データ駆動型グラフィックスとVRおよび3D動画制作を簡素化することで、モーショングラフィックスの制作作業が効率化されるという。また、GPUパフォーマンスの強化によりすべての作業をより迅速に行うことができる。

主要なアプリケーションの新機能および拡張機能

各種のアセット、サービス、教育リソースの拡張と統合を発表した。これに伴い、クリエイターはこれまで以上に容易に自己を表現できるようになるとしている。

■Adobe Stock

Premiere CCとAfter Effects CCのビデオユーザーに向けて、プロ仕様のモーショングラフィックステンプレートの提供を開始し、アセットコレクションをさらに拡張。Adobe Stockは、写真、イラスト、動画、ベクターなど1億点以上のアセットを提供している。

■Adobe Typekit

Adobe Senseiを活用し、フォントを検索する新たな方法を提供する。ユーザーは自身が所有するタイプの写真を使って、Typekitで類似フォントを探すことが可能。新たに追加されるTypekitのビジュアル検索技術は、Adobe Senseiを活用したサービスとして初めて、サードパーティの開発者向けに提供される。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-10-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アドビ、Adobe MAX 2018で次世代のAdobe Creative Cloudを発表

Premiere Rush CC Adobe MAXで主要アプリのメジャーアップデートを発表 アドビは、同社のクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」で、... 続きを読む

[IBC2018]アドビ、IBC 2018で動画編集ツールの最新バージョンを発表

Adobe(以下:アドビ)は、アムステルダムで開催される放送機器展「IBC2018」で、Adobe Creative Cloudに次期搭載予定の動画編集ツールの最新バージョンを発表... 続きを読む

Insta360 Stitcherの新バージョン1.7.0をリリース。Insta360 Proで撮影したコンテンツをAdobe Premiere Pro CCに直接インポート可能

株式会社アスクが取り扱うShenzhen Arashi Vision社のInsta360ブランドより、Insta360 Stitcherの最新バージョンInsta360 Stitc... 続きを読む

システムファイブ、「いま聞いておきたい、Adobe Premiere Pro CC実践ワークショップ」の開催迫る!

株式会社システムファイブ主催の「いま聞いておきたい、Adobe Premiere Pro CC実践ワークショップ」の開催日が2018年7月27日(金)に迫っている。会場は東京・半蔵... 続きを読む

アドビ、クリエイティブイベント「Adobe MAX Japan 2018」を開催

アドビ システムズ株式会社は、「Adobe MAX Japan 2018」を2018年11月20日(火)にパシフィコ横浜にて開催する。 Adobe MAX Japanとは、グ... 続きを読む

トップ > ニュース > アドビ、Adobe MAX 2017で次世代のAdobe Creative Cloudを発表