PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、業務用小型ビデオカメラ「XF405/XF400」とハイアマチュア向けビデオカメラ「iVIS GX10」の発売日が決定

News

キヤノン、業務用小型ビデオカメラ「XF405/XF400」とハイアマチュア向けビデオカメラ「iVIS GX10」の発売日が決定

2017-11-02 掲載

写真はXF405

キヤノンは、同社の業務用小型ビデオカメラ「XF405/XF400」とハイアマチュア向けビデオカメラ「iVIS GX10」の発売日が2017年11月10日に決まったことを発表した。以前、発売を2017年11月上旬と発表していたもの。同社オンラインショップの販売予定価格は、XF405(3G-SDI端子搭載)が税別400,000円、XF400(3G-SDI端子無し)が税別355,800円、iVIS GX10が税別248,000円。

同3機種は、新開発の4K対応光学15倍ズームレンズや、集光効率を高めた同社の新開発1.0型CMOSセンサー、映像処理プラットフォーム「デュアル DIGIC DV 6」を搭載。1.0型CMOSセンサーとデュアル DIGIC DV 6の組み合わせにより、1.7luxの最低被写体照度を実現。広角25.5mmから望遠382.5mm相当の全ズーム域で4K UHD(3840×2160)60Pの映像撮影が可能。4Kズームレンズは、非球面レンズやスーパーUDレンズを含む18枚のレンズを搭載。フルHDでは120Pの内部記録が可能。デュアルピクセルCMOS AF搭載により、タッチパネルを用いた操作でピント合わせが行える。なお、iVIS GX10は、XF400からINPUT端子(着脱式ハンドル含む)やEthernet端子、IRモードを非搭載、ミニアドバンスドシューを搭載したモデル。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-11-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

[InterBEE2018]キヤノンブース:XFシリーズの最高峰モデル「XF705」やイベント向け高輝度モデルプロジェクター「LX-4K3500Z」を展示

キヤノンブース動画 キヤノンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

キヤノン、「XF705」の発売日が決定

キヤノンは、同社の業務用4Kビデオカメラ「XF705」の発売日が2018年11月29日に決まったことを発表した。以前、発売日を2018年11月下旬と発表していたもの。希望小売価格は... 続きを読む

[InterBEE2018]キヤノン、「パワープロジェクター」シリーズの新製品となるネイティブ4Kプロジェクター「4K6020Z」など3機種を発売

写真左上:4K6020Z(RS-SL07RST装着時)、写真右下:LX-MH502Z キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、ネイティブ4K解像度(409... 続きを読む

[InterBEE2018]キヤノン、InterBEE 2018の出展概要を発表。「映像表現に拡がりを、創り手にチカラを。」をテーマに新製品やキヤノンの最先端技術を紹介

※写真は昨年の様子 キヤノンは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展する(ホール4/No... 続きを読む

キヤノン、Cinema RAW Lightのサンプルデータを公開

キヤノンは、EOS C700で撮影したCinema RAWおよび、EOS C200で撮影したCinema RAW Lightの映像データを公開した。同社Webサイトにて自由にダウン... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、業務用小型ビデオカメラ「XF405/XF400」とハイアマチュア向けビデオカメラ「iVIS GX10」の発売日が決定