PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ヒロセ電機、8K放送機器向けコネクタ「MF11BMT」を開発。アストロデザインのカメラコントロールユニット「AC-4813」に採用

News

[InterBEE2017]ヒロセ電機、8K放送機器向けコネクタ「MF11BMT」を開発。アストロデザインのカメラコントロールユニット「AC-4813」に採用

2017-11-10 掲載

ヒロセ電機は、ITU-R(国際電気通信連合無線通信部門)、およびARIB(一般社団法人電波産業会)に準拠し、U-SDIに対応した8K放送機器向けの光コネクタ「MF11BMT」を開発した。MF11BMTは、アストロデザイン社の新型カメラコントロールユニット「AC-4813」に採用されている。

8K放送機器において、BNC同軸コネクタは128本必要だが、MF11BMTは1本のケーブルで対応可能。放送機器用の国際規格(UHDTV関連)である、ITU-R BT.2077および、ARIB STD-B58に準拠している。アストロデザイン 事業本部 技師長 塚本氏は次のようにコメントしている。

塚本氏:従来、8K機器は多数のBNC同軸ケーブルを用いた伝送に頼っていたため、設置にとても時間がかかる、接続のミスが生じやすい、ケーブル重量が増大するなどが課題となっていました。ヒロセ電機のMF11BMTの採用によってこれらの問題が一気に解決し、8K機器でありながら通常のハイビジョン機器並の取り扱い易さとなりました。今後の8K製品に対して積極的に採用していく予定です。

なお、2017年11月15日から17日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2017」の同社ブース(ホール2/No.2604)にて、MF11BMTと、アストロデザインのカメラコントロールユニットAC-4813の実機を展示する。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-11-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019]アストロデザイン、NAB2019出展概要を発表。8Kやハードウェアの開発で培った技術を活用し、未来を見据えたソリューションを展示

※写真は昨年の様子 アストロデザイン株式会社は、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C7215)。... 続きを読む

アストロデザイン、首都高技術、朝日航洋と共同で8K映像技術を道路インフラ点検に活用

東京港トンネル実証験の模様 首都高技術株式会社、朝日航洋株式会社、アストロデザイン株式会社の3社は、老朽化が進むインフラに対し、メンテナンスの質向上と効率化を目的として、20... 続きを読む

[InterBEE2018]アストロデザインブース:「8Kをさまざまな産業分野に広める」をテーマに映像技術を展示

アストロデザインブース動画 アストロデザインブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利... 続きを読む

アストロデザイン、8K 2SI伝送実験に技術協力。現行の4Kエンコーダー/デコーダーでの8K映像送受信が可能であることを実証

アストロデザイン株式会社の発表によると、スカパーJSAT株式会社、富士通株式会社と共同で通信衛星を使用した8K映像伝送実験を行い、アストロデザインの8K変換技術の活用により、現行の... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ヒロセ電機、8K放送機器向けコネクタ「MF11BMT」を開発。アストロデザインのカメラコントロールユニット「AC-4813」に採用