PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2017]朋栄、XAVCファイルの収録/再生に対応したハードウェアコーデック搭載の4K/HDインジェストレコーダ「MXR-400」を発売

News

[InterBEE2017]朋栄、XAVCファイルの収録/再生に対応したハードウェアコーデック搭載の4K/HDインジェストレコーダ「MXR-400」を発売

2017-11-15 掲載

株式会社朋栄は、4K/HDインジェストレコーダ「MXR-400」を2017年10月末に発売開始した。希望小売価格は税別290万円。

MXR-400は、MXFファイルによる収録または再生に対応した1Uサイズのビデオサーバ。専用アプリケーションを使用することなく、同一ネットワーク上にあるPC/MacからWebブラウザを使用してコントロール可能。収録/再生用ディスクにはRAID1(ミラーリング)構成のSSDを採用。リダンダント電源も標準搭載している。

ハードウェアコーデックを搭載しており、4K UHDで1系統の入力または出力、HDであれば2系統の入力または出力が可能。4Kでは、XAVC Intra Class 300準拠のH.264 High422 Intra 600Mbpsで、HDではXAVC Intra Class 100準拠のH.264 High422 Intra 100Mbpsを利用できる。オプションにより、4KでXAVC Long422相当のH.264 10bit 4:2:2 Long GOPをサポートする。

また、ノンリニア編集ワークフローと連携可能で、収録中の映像を分割MXFファイルとしてNASに出力でき(最長6時間)、ノンリニア編集ソフトウェアを使用した追いかけ編集が行える。フォルダ共有を行うことで、外部PCから内蔵SSDの読み書きも可能となる。ノンリニア編集ソフトウェアからNASに書き出されたMXFファイルを、MXR-400から直接再生することも可能だ。

今後、MXR-400をIP伝送装置としても利用可能にするオプションも提供予定。2台のMXR-400をそれぞれ送信機・受信機として使用し、1Gbps帯域で4K素材の高品質リアルタイム伝送が可能。MXFファイルと同等の伝送ラッピング形式を採用しており、IP伝送においても受信側でトランスコードすることなくMXFファイルとして収録/編集でき、同時にSDI出力も行えるとしている。製品の主な特徴は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • HD 2系統または4K UHD 1系統の入力または出力が可能
  • H.264 High422 Intra/Long GOPのハードウェアコーデックを搭載※3
  • 収録ファイルをNASに出力可能。MXFファイル分割機能により、収録を止めずに収録済みの映像を編集可能
  • フォルダ共有で外部PCから内蔵SSDの読み書きが可能
  • NAS上のMXFファイルの直接再生が可能
  • Webブラウザからの制御が可能
(※3)H.264 Long GOPへの対応はオプションです。

なお、MXR-400は2017年11月15日から17日まで千葉県・幕張メッセで開催中の国際放送機器展「InterBEE 2017」の同社ブース(ホール4/No.4311)にて展示されている。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-11-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2017]朋栄、XAVCファイルの収録/再生に対応したハードウェアコーデック搭載の4K/HDインジェストレコーダ「MXR-400」を発売