PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

News

[InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

2017-11-15 掲載

ソニーは、2018年にBS4K実用放送の開始に向けて、4K映像を圧縮できるビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200(正式名称:XAVC QFHD Long422 200Mbps)に対応したコーデックチップの開発を発表した。

同コーデックチップは、4K映像の高画質を維持しながら、200Mbpsの低ビットレート化を実現し、10bit/4:2:2サンプリングにも対応。BS 4K実用放送に向け、送出用フォーマットとしてXAVC-L422 QFHD 200の採用検討を進めているという。コーデックチップを搭載した4K制作機器として、XAVC-L422 QFHD 200エンコーダー装置および単体送出機を開発し、2018年12月以降順次開始されるBS 4K実用放送に向け、BS5社に採用される予定。また、同コーデックチップを搭載した4Kレコーダーも2019年度内の市場導入を目指しているという。

XAVC-L422 QFHD 200フォーマットに対応し、搬入や送出用途では低レートのLong GOP圧縮を、制作用途では従来のIntra Frame圧縮のXAVC QFHD Intra 600Mbpsを選択でき、用途に合わせたフォーマットの運用が可能。SxSメモリーカードからの直接再生や、2TBの内蔵ストレージ、USB外部ストレージメディアにも対応するほか、簡易コントロールパネルの装着により機器単体での操作も可能。さらに従来のVTRと同様の操作性、運用性を実現するRS-422プロトコルに対応予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-11-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、ハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応するVENICEのファームウェアVer.4.0を発表

ソニーは、シネマカメラVENICEのファームウェアVer.4.0でスローモーション映像を実現するハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応することを発表した。ファームウ... 続きを読む

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには... 続きを読む

ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

ソニーは、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmorを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6400」を2019年2月22日に発売する(予約受付開... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.2.00を公開

ソニーは2018年12月20日、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」と「PXW-Z190」のアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。 同アップデー... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発