PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

News

[InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

2017-11-15 掲載

ソニーは、2018年にBS4K実用放送の開始に向けて、4K映像を圧縮できるビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200(正式名称:XAVC QFHD Long422 200Mbps)に対応したコーデックチップの開発を発表した。

同コーデックチップは、4K映像の高画質を維持しながら、200Mbpsの低ビットレート化を実現し、10bit/4:2:2サンプリングにも対応。BS 4K実用放送に向け、送出用フォーマットとしてXAVC-L422 QFHD 200の採用検討を進めているという。コーデックチップを搭載した4K制作機器として、XAVC-L422 QFHD 200エンコーダー装置および単体送出機を開発し、2018年12月以降順次開始されるBS 4K実用放送に向け、BS5社に採用される予定。また、同コーデックチップを搭載した4Kレコーダーも2019年度内の市場導入を目指しているという。

XAVC-L422 QFHD 200フォーマットに対応し、搬入や送出用途では低レートのLong GOP圧縮を、制作用途では従来のIntra Frame圧縮のXAVC QFHD Intra 600Mbpsを選択でき、用途に合わせたフォーマットの運用が可能。SxSメモリーカードからの直接再生や、2TBの内蔵ストレージ、USB外部ストレージメディアにも対応するほか、簡易コントロールパネルの装着により機器単体での操作も可能。さらに従来のVTRと同様の操作性、運用性を実現するRS-422プロトコルに対応予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-11-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2017]ATENジャパンブース:4K対応のIP KVMエクステンダーやタブレットで簡単に制御できるマトリックススイッチャーを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発