PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2017]シュア・ジャパンブース:AXT DigitalワイヤレスシステムやADシリーズなど、一新されたワイヤレスマイク製品を展示

News

[InterBEE2017]シュア・ジャパンブース:AXT DigitalワイヤレスシステムやADシリーズなど、一新されたワイヤレスマイク製品を展示

2017-11-29 掲載

Shureは6月に発売になったAXT Digitalワイヤレスシステムのほか、10月発売のADシリーズ送信機や、2018年中旬発売予定のADXシリーズ送信機など、一新されたワイヤレスマイクを中心に世界初のデュアルダイアフラムダイナミックマイクロホンKSM8、AV会議ソリューションMicroflex Advance、大規模な国際会議などに最適なMicroflex Complete/Microflex Complete Wirelessなどを出展した。

AXT Digitalワイヤレスシステムはアナログからデジタルへの切り替え時期ということもあり、今回の出展で最も力を入れているようで、広いスペースをとってラインナップを披露していた。特にADX1M送信機は今までのワイヤレス送信機にはない小型・軽量化と、ボディパックとして使いやすい形状デザインを採用しており、注目の製品といえる。

その他にも磁気回路の上下にダイヤフラムを配置したデュアルダイヤフラム設計のダイナミックマイクKSM8や、指向性を任意に設定できる天井設置型とテーブル設置型の2タイプのデジタルアレイマイクロホンMicroflex Advanceなどを出展した。

AXT Digital ワイヤレスシステムのコーナー。信号安定性と明瞭度の高い優れた音質に加え、用途に合わせたシステム構成が可能。送信部はハンドマイク型のADX2およびAD2が、ボディパック型はADX1、ADX1M、AD1があり、受信機はAD4DとAD4Qの2機種および周波数管理プロセッサAXT600Jがラインナップされている ADX1M送信機は仕込みマイクロホンに最適な目立たず装着しやすいコンパクトなデザインを採用しており、本体防水以外にもメンブレンボタンとLEMO3コネクターにより汗や水分の浸入を防止できるようになっている。また内蔵アンテナのセルフチューニング機能により、送信機の着け方にかかわらず常に信号を最適化し、安定した送信が可能 ボディパック型送信機ADX1。リモートコントロールを可能にするShowLink機能や妨害波を検知した際に、自動的または手動操作で、より安定性の高い周波数帯への切り替えが可能 AD1送信機は、チャンネル数を増加できるハイデンシティーモードへの切り替えが可能で、オーディオクオリティを劣化させずにTV6MHz幅において47chの同時使用を実現している。電源は単3形アルカリ乾電池×2個のほか、Shure製SB900Aリチウムイオン充電池が使用可能。単3形アルカリで約8時間、SB900Aで約9時間の駆動が可能 AD4DとAD4Qの2機種の受信機と周波数管理プロセッサAXT600J。広大なダイナミックレンジとAES-256暗号化機能に加え、マイクロホンのトランスデューサーからアナログ出力まで2ミリ秒という低レイテンシーを実現したほか、DanteおよびAES3といったデジタルインターフェースに対応。トゥルーデジタルダイバーシティとQuadversity受信機テクノロジーの採用により、ドロップアウトの原因となる信号減衰や干渉が発生する可能性を大幅に低減。Quadversityモードは、1組のダイバーシティアンテナを異なるゾーンに配置したり、1つのゾーン内のアンテナ数を2倍にすることができる。ハイデンシティモードは、優れた音質を維持しながら同時運用可能な最大チャンネル数を6MHz TV帯域当たり17チャンネルから47チャンネル(または8MHz TV帯域当たり23チャンネルから63チャンネル)に増加することが可能 ワイヤレスシステムの周波数選定や各種設定、モニタリングなどが行えるWireless Workbench 6。MacおよびWindowsに対応しており、各送信機からの受信状態や送信機の設定、チャンネル割り当てなどを行うことができる。現場の電波状況をスキャンして最適な周波数を各送信機に設定したり、運用中の受信強度をリアルタイムで波形表示することが可能 2枚のダイヤフラムで構成されたDualdyne(デュアルダイン)カプセルを搭載したKSM8。サイドインレットから入った音声は後部第2ダイアフラムを通過してから前部第1ダイアフラムに到達することで、第2ダイアフラムを抵抗回路として使用することで低周波数が部分的にブロックされるため、自然な低域特性と近接効果を大幅に低減できる。これにより、マイクロホンからの距離にかかわらず一定の音質を維持できるほか、安定した軸外直線性を実現している KSM8とKSM9HS、SM58など他のボーカル用ダイナミックマイクと比較視聴できるコーナー。KSM8の優れた周波数特性や低域から広域までほとんど変わらない指向性を確認することができる MOTIVデジタルマイク&レコーディングソリューションのコーナー。USBやLightning接続可能なマイクロホンのほか、オーディオインターフェースなどを出展。PCやiPhoneなどに直接接続して使用することができる iPhone/iPad用動画撮影アプリShurePlus MOTIV VideoとオーディオレコーディングアプリShurePlus MOTIV 。今回新製品として出展したのはShurePlus MOTIV Videoで、非圧縮オーディオとビデオの同時収録をボタン1つで行うことが可能。オーディオメーターや波形表示などの機能も搭載されている。2018年リリース予定 AV会議ソリューションMicroflex Advance。天井からの収音に対応したシーリングアレイマイクロホンMXA910や、直径15cmほどのテーブルアレイマイクロホンMXA310およびDanteによるネットワーク接続が可能なオーディオネットワークインターフェイスANI4IN/ANI4OUTなどで構成される会議用収音ソリューション。ブラウザベースのユーザーインターフェースにより、複数の話者に向けた指向性を設定することができる カンファレンスシステムMicroflex Complete Wireless。マイクロホンアクティベーションモードの選択により、各種ミーティングからアジェンダに基づく会議進行に合わせることも可能。オプションのSW6000ソフトウェアを使用すれば、参加者のID確認、アジェンダ管理、電子投票/採決など、参加者数が数百人に及ぶ会議でも効率的な運営を実現

[ Category : , , ]
[ DATE : 2017-11-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ブラックマジックデザイン:グラントCEOはかく語りき〜Creative Firstの思い

InterBEE2017、今年も過去最大コマ数を誇り、絶好調なBlackmagic Design社グラント・ペティCEOが来日しているということで、夏のインタビューに続いて再度イン... 続きを読む

[InterBEE2017 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2017の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2017に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2017]ATENジャパンブース:4K対応のIP KVMエクステンダーやタブレットで簡単に制御できるマトリックススイッチャーを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2017]Avidブース、「DNxIQ」「DNxIV」の展示や「Media Composer | Cloud VM」を参考出展

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]タスカム/ティアックブース:レコーダーやマイクなどの放送機器、設備機器を展示

タスカム/ティアックブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2017 Inter BEE 2017
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2017をレポート。
InterBEE2017の歩き方 InterBEE2017の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2017の歩き方」を紹介。
inside DaVinci 14 inside DaVinci 14
4月に行われたNAB2017にて発表となったDaVinci Resolve 14を紹介。
SIGGRAPH2016 How to Media Composer | First
誰でも無料で使えるAvid Media Composer | Firstのセットアップ方法や、使い勝手を解説していく。
QBEE2016 BIRTV 2017
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
SIGGRAPH2017 SIGGRAPH2017
世界最大のCGとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
THE ROAD TO VR THE ROAD TO VR
幅広いジャンルで活用されているVRが、いかに普及、どのように進化していくのかを考える。
Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017 Digital Cinema Bülow VI~CineGear 2017
米国ハリウッドで開催された映画撮影機材の専門展示会 Cine Gear Expoをレポート。
QBEE2017 QBEE2017
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSWをレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [InterBEE2017]シュア・ジャパンブース:AXT DigitalワイヤレスシステムやADシリーズなど、一新されたワイヤレスマイク製品を展示