PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ…
News

[InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」を展示

#carl zeiss #Inter BEE 2017

2017-11-30 掲載

カールツァイスブース 360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

レンズデータの出力に対応してポスプロ作業の効率化を実現した「CP.3 XD」

カールツァイスブースの一押しはシネプライムレンズの「Compact Prime CP.3」シリーズ。CP.3シリーズには、CP.2を置き換えるスタンダートな「CP.3」と、それに新しくレンズデータを搭載した「CP.3 XD」の2種類がある。

交換可能なレンズマウントと35mmフルサイズをカバーするイメージサークルをもつ「CP.3 XD」

CP.3 XDは、「ZEISS eXtended Data」のエンコーダーと接点を搭載し、撮影時のレンズデータの記録に対応。湾曲収差や周辺光量、樽型の歪みを修正することができる。これによって、VFXを使わない普通の撮影においても、被写体の線をまっすぐに揃えることを可能としている。

CP.3 XDには4ピンCooke/iインターフェイスの電子接点を搭載。ここからレンズデータの出力に対応する

これまでは歪曲収差や周辺光量の低下は撮影の段階ではわからず、ポストプロダクションで補正を行っていた。しかし、XDによって、オンセットで撮影中や撮影前でもポスプロでどのような補正をするかを頭の中で描きつつ撮影ができるようになる。再撮影のリスクを減らせたり、映像制作全体の精度が上がるところにもこのレンズの特徴があるといえるだろう。

XDのデータはLiveGradeとSilverstackでリアルタイムにレンズ補正を加えた映像を確認や収録可能。写真はLiveGradeでシェーディングやディストーションを調整しているところ

使いやすい焦点距離帯を1本でカバーする軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」

もう1つの一押しは今年の1月から出荷を開始している「ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 T*」。Super 35mmに特化したレンズで、これまでのフルサイズ用のズームレンズよりも3割ほど軽量・小型化を実現している。ブースのデモ機はPXW-FS5と組み合わせていたが、PXW-FS7やキヤノンのEOS C200などのコンパクトなシネマカメラに最適なズームレンズといえる。また、これまでのシネマズームレンズというと200万円以上のものがほとんどだったが、100万円前後の価格を実現。4K映像制作を行っている個人のクリエイターでもなんとか頑張れば手の届くレンズと価格を実現しているところも特徴だ。

Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mmはマウント交換に対応。PLマウントの状態にして展示をしていた

ちなみに、Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mmはマウント交換に対応。デモ機のレンズはPLマウントで、オランダのVocas製Eマウント→PLアダプターでマウントを変換し、チーズプレート装着型PLレンズサポートを使ってマウントをがっちりと支え込んだ状態で展示をしていた。Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mmはEマウントにもできるが、Eマウントのボディというのはわりと軽量でデリケートにできているといえるだろう。Vocas製のPLレンズサポートアクセサリーを使うことによって、レンズマウントの強度に関する心配を払拭できそうだ。

Vocas製のH型チーズプレートを装着し、Eマウント→PLマウント変換アダプターを固定していた

Milvusシリーズに「ZEISS Milvus 1.4/25」が登場

スチルレンズでは、発表されたばかりの「Milvus 1.4/25」を展示していた。Milvusシリーズは、15mm、18mm、21mm、25mm、35mmが2本、50mmが2本、85mm、100mm、135mmの11本出揃ったことになる。また、Milvus 1.4/25が発表されたことにより、25mmから85mmまですべて1.4で揃うことにも注目したい。マウントアダプタを経由してソニーαシリーズと組み合わせたり、ボケを積極的に活用した動画制作で使用したりできるだろう。

25mmから85mmの1.4兄弟を並べたところ。Milvusシリーズは、25mm、35mm、50mm、85mmを1.4で揃えることができるようになった

[ Category : , , ]
[ DATE : 2017-11-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現InterBEE2020:動画]ナックイメージテクノロジー「ZEISS Supreme Prime」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。ナックイメージテクノロジー社から「ZEISS Supreme ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」

2020年9月、本編映画の撮影現場でSupreme Prime 200mmを使う佐光朗J.S.C.。林の中を動く演者たちを200mmの望遠圧縮効果で、しかも絞りを開けて捉えることに... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:Carl Zeiss編

60seconds Shot! ■ZEISS CP.3 XD ■ZEISS Supreme Prime Radiance 製品レポート... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]「ZEISS CZ.2シネズームレンズシリーズ」

ラージフォーマットカメラに取り付けたCZ.2 15-30mm T2,9の画角は、スーパー35mm判の10-20mmに相当し、超広角ズームとなる。写真で装着されているカメラはRED ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS Supreme Prime Radiance」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS Supreme Prime Radiance」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Carl Zeiss「ZEISS CP.3 XD」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Carl Zeiss社から「ZEISS CP.3 XD」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme Prime Radiance」

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場より。Radianceはレンズ鏡筒上部の刻印と、マウント近くの金色のラインが目印(写真:Kozo Takahashi) 6... 続きを読む

[再現NAB2020:Carl Zeiss]レンズデータ技術のZEISS eXtended Dataを搭載したシネプライムレンズシリーズ「ZEISS CP.3 XD」

ショーリール「Morpho」の撮影現場で、RED MONSTRO 8K VVに取り付けられたCP.3 XD 35mmレンズ。近年シネマカメラが小型化していることに対応し、レンズも軽... 続きを読む

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ…