PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、小型軽量なAPS-Cズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を発売

News

ソニー、小型軽量なAPS-Cズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を発売

2018-01-12 掲載

ソニーは、APS-C対応のα Eマウントレンズとして、小型軽量(最大径67.2mm×長さ88mm、質量約325g)で広角18mmから望遠135mmまで(35mm判換算で27-202.5mm相当)をカバーする高倍率ズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を2018年2月2日に発売する(予約販売は1月17日10時より開始)。希望小売価格は税別80,000円。

E 18-135mm F3.5-5.6 OSSは、非球面レンズと2枚のED(特殊低分散)ガラス採用の新規光学設計により、ズーム全域において画面周辺まで高い描写性能を実現。最短撮影距離0.45m、最大撮影倍率0.29倍と、近接撮影性能にも適している。光学式手ブレ補正機構を内蔵することにより、手持ち撮影をサポート。また、リニアモーターの採用により、静止画でも動画でも高速・高精度で静粛なAF駆動を実現し、α6500やα6300の持つAF/AE追従高速連写にも対応している。

なお、E 18-135mm F3.5-5.6 OSSはソニーショールーム/ソニーストア銀座、ソニーストア札幌、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪、ソニーストア福岡天神にて、1月13日より展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-01-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには... 続きを読む

ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

ソニーは、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmorを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6400」を2019年2月22日に発売する(予約受付開... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.2.00を公開

ソニーは2018年12月20日、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」と「PXW-Z190」のアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。 同アップデー... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニーブース:4K/8K、HDR、IPライブ伝送など様々な映像表現を提案

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、小型軽量なAPS-Cズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を発売