PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、Xマウント対応のシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」を発表

News

富士フイルム、Xマウント対応のシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」を発表

2018-02-15 掲載

富士フイルム株式会社は、シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」(以下:MKX18-55mm)と「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」(以下:MKX50-135mm)を2018年6月に発売する。希望小売価格はMKX18-55mmが税別549,500円、MKX50-135mmが税別599,500円。

MKX18-55mmとMKX50-135mmは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」で採用している「Xマウント」に対応しており、同シリーズの交換レンズとしては初めてのシネマレンズ。MKX18-55mmでは6枚のスーパーEDレンズと2枚のEDレンズを含む17群22枚、MKX50-135mmでは2枚のスーパーEDレンズと2枚のEDレンズを含む17群22枚のレンズ構成を採用。

Xマウントの短いフランジバックの利点を光学設計に最大限活かすことで、約1kgの軽量設計と高い光学性能を両立。Xシリーズとの組み合わせで撮影時に高い機動力を発揮するとしている。焦点距離全域でT2.9の明るさを実現し、浅い被写界深度でボケ味を活かした映像の撮影が可能。さらに、ライティングを再調整する手間を省き、撮影時間を短縮する。カメラとの電子接点を設けているため、「フィルムシミュレーション」を使った映像表現に加え、ディストーションや色/輝度シェーディングの補正なども可能。

フロントフォーカス群とズーム群が独立して駆動する方式を採用し、ズーミング時の焦点移動を抑制。ズーミング後にフォーカスを合わせ直す必要がない。また、焦点移動を光学的・機械的に抑制しているため、タイムラグもない。フロントインナーフォーカス方式を採用することでフォーカシング時の画角変動(ブリージング)を抑制。レンズの光学・機械設計を動画撮影に最適化することで、ズーミング時の光軸ずれを抑制し、狙い通りの構図で撮影可能だとしている。

フォーカス回転角は200°の回転角を確保。フォーカス、ズーム、アイリスを独立して操作できる3連リングを搭載。ズームはもちろん、フォーカスやアイリスにもフルマニュアル機構を採用し、直感的な操作が可能。すべての操作リングのギアピッチを、シネマレンズで一般的な0.8モジュールに統一。フォローフォーカスなどの周辺アクセサリーが使用可能。アイリスはクリックが発生しないシームレス調整に対応。精緻な露出調整を実現し、またクリックによる振動や作動音も防ぐ。

レンズ前枠径は85mm、フィルター径は82mmと共通なため、マットボックスやフィルターの共用が可能。3連リングのギア位置を統一し、レンズ交換時にアクセサリー位置の再調整が不要だ。被写体に接近して撮影が可能なマクロ機構を搭載。1本でカバーする撮影シーンを拡大するとしている(MKX18-55mm:被写体距離0.38m(ワイド端)、MKX50-135mm:被写体距離0.85m(ワイド端))。また、「フランジバック調整機構」を搭載しており、温度変化に伴って生じるフランジバックの微妙な変動下でも、カメラとレンズをベストマッチさせ、光学性能をフルに引き出すとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-02-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2018」を開催。これからの4K制作に向けた製品を一堂に展示

富士フイルム株式会社は、6月12日および13日の2日間、東京・青山にある青山テピアにて、レンズ製品を中心とした内覧会「FUJINON映像機器内覧会2018」を開催中だ。 同内... 続きを読む

[NAB2018]富士フイルム、NAB2018出展概要を発表。開発中の4Kズームレンズを参考展示

※写真は昨年の様子 富士フイルム株式会社は、2018年4月9日から12日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2018に出展する(セントラルホール/C7225)。同社... 続きを読む

富士フイルム、ボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能を搭載した「FUJIFILM X-H1」を発表。フィルムシミュレーションに階調表現豊かな「ETERNA」モードを搭載

富士フイルム株式会社は、同社の「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」(以下:X-H1)を2018年3月1日に発売する。希望小売価格... 続きを読む

[InterBEE2017]富士フイルムブース:MKレンズをENGやワンマンオペレーションスタイルで展示。待望のXシリーズ向けMKレンズも初公開

富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[InterBEE2017]富士フイルム、InterBEE 2017の出展概要を発表。放送用レンズ、記録メディアなど、幅広い製品群を展示

※写真は昨年の様子 富士フイルム株式会社は、2017年11月15日から17日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2017」に出展する(ホ... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、Xマウント対応のシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」を発表