PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > PRONEWS、企画・編集・営業メンバーを募集中。一緒に映像業界を応援して盛り上げましょう!

News

PRONEWS、企画・編集・営業メンバーを募集中。一緒に映像業界を応援して盛り上げましょう!

2018-02-09 掲載

株式会社プロニュースは、映像業界のプロフェッショナル向け情報サイトとして2008年に「PRONEWS」を創刊しました。10年目を迎えた今年、さらなる飛躍を目指して、新たにメンバーを募集します!雇用形態は正社員。プランナーとして、編集として、営業として、あらゆる角度から媒体をプロデュースしていってください。あなたの熱意に期待します!給与や待遇の情報は下記の通り。

■仕事内容

映像制作Webマガジン「PRONEWS」「DRONE.jp」の編集業務全般。企画立案、原稿管理、イベントの取材や執筆、広告枠の販売など、幅広くお任せします。

具体的には…

  • 編集業務:記者・ライターの手配、原稿管理・校正・入稿作業・進行管理など。取材・執筆に携わることも
  • 特集企画:どんな特集を組むか、執筆を誰に頼むか、時期を含めて立案
  • 広告企画:特集と連動した企画立案や、クライアントへの独立の企画提案など
  • 広告営業:掲載の問合せへの対応や提案業務

定期的に開催される編集会議にて各プロジェクトの内容や進捗状況を確認し、プロジェクトを成功に収められるよう営業分担を決定します。執筆者やクライアントの打ち合わせ、広告枠の販売、営業活動における外出の際には、基本的に先輩スタッフも同行しますので、初めての方でも安心して取り組んでいただけます。入社後まずは編集業務(主に進行管理)からスタート。わからないことは先輩たちがしっかりサポートします。

■求める人材
  • 35歳未満の方(若年層の長期キャリア形成を図るため)
  • コミュニケーション能力重視
  • 未経験・第二新卒歓迎(当社の採用は人物重視!)

広告営業の経験が活かせる仕事です!

その他に活かせる経験・スキル

  • Excel/Word/PowerPointの基本的操作
  • Adobe Photoshop/Illustratorの基本的操作
  • 雑誌やWebの編集関連業務経験
※専門知識は入社後にしっかり学べます
■勤務地

東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階

交通アクセス
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 1番出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町門線 麹町駅 1番出口より徒歩3分

■勤務時間

10:00~19:00(休憩1時間、実労働時間8時間)

【給与】

月給20万円~

※上記金額は基本給となります。諸手当は別途支給します
※前職および年齢・経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇します
※待遇条件の詳細については、面接などでご相談ください
※試用期間あり(3ヶ月/給料・待遇は同一です)
■昇給・賞与

昇給:年1回

賞与:年2回

■待遇
  • 交通費支給(最大50,000円/月)
  • 住宅手当(最大30,000円/月)
  • 食事手当
  • 朝礼手当
  • 家族手当
■休日・休暇
  • 完全週休2日制(土日祝)
  • 夏季休暇
  • 年末年始休暇
  • メモリアル休暇(誕生日月に1日休暇を取得できる制度)
  • 有給休暇
  • 慶弔休暇
■福利厚生
  • 社会保障完備
  • 産前産後休暇
  • 育児時短措置
■応募方法

下記フォームより必要事項を記入し、ご応募ください。
エントリーはこちら

※応募の秘密は厳守します。 ※ご応募いただく個人情報は採用業務のみに利用し、他の目的での利用や第三者へ譲渡・開示することはございません。
■応募受付後の連絡

応募受付後、原則3営業日以内にご連絡を差し上げます。

■採用プロセス

▼書類選考
お送りいただいたデータを元に書類選考させていただきます。

▼面接(1~2回)/適性検査
担当者による面接を行います。

※面接日はご相談ください。

▼採用内定
入社日は相談に応じます。在職中の方も気兼ねなくご応募ください。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-02-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アイラ・ラボラトリが3DCG/AfterEffectsスタッフを募集中

有限会社アイラ・ラボラトリでは、3DCGソフトウェアを使った映像制作やAfter Effectsを使ったエフェクト制作、映像の制作進行に携わるスタッフを募集している。雇用形態は正社... 続きを読む

トップ > ニュース > PRONEWS、企画・編集・営業メンバーを募集中。一緒に映像業界を応援して盛り上げましょう!