PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [CP+2018]キヤノン、EOS Kissブランド初のミラーレスカメラ「EOS Kiss M」を発売。新映像エンジンDIGIC 8搭載により基本性能が向上

News

[CP+2018]キヤノン、EOS Kissブランド初のミラーレスカメラ「EOS Kiss M」を発売。新映像エンジンDIGIC 8搭載により基本性能が向上

2018-02-26 掲載

キヤノンは、同社の「EOS Kiss」ブランドとして初となるミラーレスカメラ「EOS Kiss M」を2018年3月下旬に発売する。カラーはブラックとホワイトの2色。希望小売価格はオープン。ラインナップと同社オンラインショップの販売予定価格は以下の通り。

  • EOS Kiss Mボディーのみ(税別73,500円)
  • 「EOS Kiss M・EF-M15-45 IS STMレンズキット」(税別88,500円):
    EOS Kiss M、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
  • 「EOS Kiss M・EF-M18-150 IS STM レンズキット」(税別122,500円):
    EOS Kiss M、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM
  • 「EOS Kiss M・ダブルズームキット」(税別111,500円):
    EOS Kiss M、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
  • 「EOS Kiss M・ダブルレンズキット」(税別104,500円):
    EOS Kiss M、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M22mm F2 STM

EOS Kiss Mは、カメラ初心者でも本格的な撮影を簡単で手軽に楽しみたいというニーズに応えたミラーレスカメラ。新開発の映像エンジンDIGIC 8の高速画像処理により、CMOSセンサーの各画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」が向上。DIGIC 8により、従来の最大49点から最大99点に増加した測距点を生かした位相差AFによる高速・高精度なピント合わせや、動く被写体に対して滑らかなピント追従が可能。対応する交換レンズ装着時には従来と比べて、より幅広いエリアとなる撮像面の約100%(縦)×88%(横)の範囲で、最大143点の測距点を生かした素早い合焦が可能だとしている。

連続撮影性能は従来に比べて向上しており、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能。被写体の瞳を検出してピントを合わせる新機能「瞳AF」も搭載している。静止画撮影時の常用ISO感度は最高ISO25600(拡張ISO51200相当)、動画撮影時は最高ISO12800(拡張ISO25600相当)。

オートライティングオプティマイザの性能が向上しており、写真の中で輝度の高い部分に優先的に階調を配分し、白トビの回避や明るい領域の豊かな階調表現を実現。被写体が一人の場合には、従来の顔検出と連動した顔の明るさの補正に加え、肌の白トビを補正する。カスタム機能「高輝度側・階調優先」に、白トビを抑制するモード「D+2」を新たに追加。デジタルレンズオプティマイザをミラーレスカメラで初めて搭載し、レンズの収差や回折現象、ローパスフィルターに起因した解像劣化の補正がカメラ内で行える。

また、4K(24p/25p)の動画撮影が可能。撮影した4K動画から任意の1フレームを約830万画素(3840×2160)のJPEG画像として保存する「4Kフレーム切り出し」機能を搭載。記録フォーマットには、新しいRAWフォーマット「.CR3」を採用。データ容量の軽量化を実現した画像タイプ「C-RAW」も新たに追加し、処理速度が向上しているという。

本体背面、バリアングル液晶モニター

バリアングル液晶モニターを搭載しており、タッチ操作にも対応。視野率約100%の高精細EVFも内蔵。同社独自のレンズと約236万ドットの有機ELパネルを採用することで、周辺部まで高い解像感を確保するとしている。また、ユーザー好みの撮影設定が簡単に可能な撮影モード「クリエイティブアシスト」が進化。新たにオートモードから簡単に起動ができるようになったほか、RAW形式で撮影したデータは、撮影後でも再生モードから編集可能となった。

静止画撮影時は、同社のレンズ交換式カメラとして初めて搭載する「デュアルセンシングIS」により、対応レンズ装着時に光学手ブレ補正効果がシャッター速度換算で約0.5段分向上。動画撮影時は、ボディー内の電子手ブレ補正機能により、対応レンズ装着時に「コンビネーションIS」が使用可能。不安定な体勢や歩きながらの動画撮影でブレの少ない映像表現が可能だという。その他にも、「サイレントモード」によりミラー機構のないミラーレスカメラならではの静かな撮影が可能。HD/120pでのハイフレームレート動画撮影にも対応している。

別売アクセサリーとしてボディジャケット(ライトブラウン/ベージュ)とネックストラップ(ライトブラウンのみ)も3月下旬に発売される。希望小売価格はボディージャケットが税別6,000円、ネックストラップが税別3,400円

スマートフォンなどの携帯端末への接続手段として、Wi-FiやNFCに加え、低電力で手軽に連携可能なBluetooth での接続にも対応。Bluetooth対応により、事前設定をした場合にスマートフォンからの操作に応じてカメラとスマートフォンの自動接続が可能。画像や動画の転送、リモートライブビュー撮影などを行う時のみWi-Fi接続に自動で切り替わるため、バッテリーの消費を抑制する。Wi-Fi接続時にペアリングしたスマートフォンに撮影と並行して画像を自動送信できる新機能「撮影時スマホ自動送信」を搭載。PCへの自動画像送信アプリケーション「Image Transfer Utility 2」に対応しており、ペアリングしたPCへ写真データの自動送信が行える。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-02-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を発表

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を新たに展開し、同シリーズ7機種を2019年6月上旬より順次発売する。希望小... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、1.0型CMOSセンサーと光学15倍ズームレンズを搭載した4K撮影が可能な業務用ビデオカメラ「XA55」を発表

キヤノンは、業務用4Kビデオカメラの新製品として、1.0型CMOSセンサー搭載で4K/30P映像を撮影可能な「XA55」を2019年6月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社... 続きを読む

トップ > ニュース > [CP+2018]キヤノン、EOS Kissブランド初のミラーレスカメラ「EOS Kiss M」を発売。新映像エンジンDIGIC 8搭載により基本性能が向上