PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3の開催が決定

News

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3の開催が決定

2018-03-09 掲載

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会(運営:(株)ピクス、および(株)イマジカデジタルスケープ)と株式会社東京ビッグサイトは、若手クリエイターを対象とした「東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3」の開催を発表した。メインイベントとなる、最終審査上映は2018年11月17日(土)に東京ビッグサイトにて実施予定。Vol.3のエントリー受付開始は4月16日。

「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は、若手映像クリエイターを対象としたプロジェクションマッピングのコンテスト。将来のコンテンツ産業の中核となる人材の発掘・育成と、プロジェクションマッピングという空間映像技術の高度化と普及を目的に開催している。

前回、Vol.2の開催時には、海外校を含む全11チームが最終審査にノミネート。高さ約30メートル、幅約94メートルとなる東京ビッグサイトを象徴する会議棟を巨大スクリーンに約4ヶ月にわたって制作したプロジェクションマッピング作品が上映された。上映会場には6,000名を超える観客が集まった。受賞作品は、東京ビッグサイトにて定期上映されるなど、有明地域のにぎわい創出にも寄与しているとしている。

今回の発表に合わせて前回開催時の模様をまとめたダイジェスト動画、ならびに参加した全チームの作品を公式サイト、公式YouTubeチャンネルにて公開している

(以下、プレスリリースより引用)

■スケジュール(※予定)
エントリー期間:2018年4月16日(月)~6月15日(金)エントリー締切
第一次審査結果発表:6月末
上映会および表彰式:2018年11月17日(土) 東京ビッグサイト(会場)

■各賞/副賞(賞金総額100万円)
応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。
・最優秀賞 1チーム(トロフィー、賞状、および副賞50万円)
・優秀賞 1~2チーム(トロフィー、賞状、および副賞)

※場合によっては、審査員特別賞を選出

東京国際プロジェクションマッピングアワード


[ Category : ]
[ DATE : 2018-03-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、言葉を超える写真で時代を表現し続けた写真家・富山治夫の作品展を開催

過密 1964年 © Haruo Tomiyama Archives 富士フイルム株式会社は、東京・港区にあるFUJIFILM SQUARE写真歴史博物館にて、2... 続きを読む

学生・29才以下の社会人向け合宿型映像クリエイター育成プログラム「Creative Summer Camp 2018」の募集を開始

一般社団法人my Japanは、2018年6月15日より、映像、広告業界のトップクリエイターから直接学べる、学生・29才以下の社会人向けの合宿型映像クリエイター育成プログラム「Cr... 続きを読む

共同企画イベント 武相荘×SIGMA「Art of Life(日常の美)」を開催

株式会社シグマと、文化施設の旧白洲邸・武相荘は、2018年7月14日(土)から2019年初旬の約7か月間、共同企画による写真イベント、武相荘×SIGMA「Art of Life(日... 続きを読む

ポルトガル発のクリエイティブコミュニティー「THU Gathering Tokyo」が日本初上陸

スター・ウォーズ「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の日本公開2日前となる2018年6月27日(水)に、ルーカスフィルムのバイスプレジデント ダグ・チャン氏を迎え「THU ... 続きを読む

「Steadicam Gold Workshop 2018 Japan」が開催

埼玉県・熊谷市にあるホテル・ヘリテイジにて、2018年10月8日~13日までの6日間「Steadicam Gold Workshop 2018 Japan」が開催される。定員は16... 続きを読む

トップ > ニュース > 東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3の開催が決定