PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」を発売

News

ソニー、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」を発売

2018-03-13 掲載

ソニーは、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」を2018年4月1日に発売する。希望小売価格は税別2,380,000円。

LSPX-A1は、空間を変えることで、暮らしに新しい体験を創出するコンセプト「Life Space UX」の商品群のひとつ。デザイン面において、人工大理石の天面やアルミフレーム、木製棚などを配し、家具のように生活空間に馴染むたたずまいを実現しているという。

リビングルームで壁に投写した使用イメージ

超短焦点レンズにより、同製品を壁際に置くだけで85インチから最大120インチまでの大画面映像を楽しむことができる。光源にはレーザー光源システム「Z-Phosphor」を採用。2,500lmの高輝度を実現し、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、黒つぶれや白とびすることなく細部まで鮮やかに表現するとしている。

独自開発のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」を搭載。また、同社が十数年培ってきた超解像技術開発に伴うノウハウに新規技術を加えた「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。3Dを含むフルHDの映像信号をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換する。さらに、HDR10方式に加え、放送用のHLG(Hybrid Log Gamma)にも対応。

脚部に配置された有機ガラス管

脚部に配置された2本の有機ガラス管のツイーターが360°に広がる音を奏で、それに加え3つのミッドレンジスピーカー、サブウーファー、これら6つのオーディオシステムが部屋の隅々まで響きわたる鮮やかな音を作りだすとしている。振動板の端面に配置された加振器が音の出る方向に対し垂直に加振し、音波を発生させる同社独自のスピーカー駆動技術「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」により、人の細かな息遣いや楽器の質感描写に優れている。

プロジェクターの下にはサブウーファーを配置しており、映画鑑賞の際には迫力のある深い音を楽しめる。また、日常のテレビ番組などをクリアなサウンドで楽しむ「スタンダード」モードのほか、ベースラインやボーカルを迫力あるサウンドで表現する「ミュージック」モード、映画鑑賞に適した「シアター」モードを搭載している。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-03-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]ソニーブース:4K/8K、HDR、IPライブ伝送など様々な映像表現を提案

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、InterBEE 2018の出展概要を発表。4K/8K、HDR、IPライブ伝送など最新の映像制作ソリューションを提案

ソニーは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催中の国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展している(ホール7/No.7207)。 同社... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を発表。4K画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットに対応

ソニーは、4K映像の画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200に対応した、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を2... 続きを読む

ソニー、24-720mmのズームレンズを搭載したサイバーショット3機種を発売

写真左上「DSC-HX99」、写真右下「DSC-WX800」「DSC-WX700」 ソニーは、24-720mm(画角:35mm判相当)の高倍率ズームレンズを搭載し、一台で広角... 続きを読む

ソニー、1つのMIPI入力ポートに対して複数接続可能なセンシング向けCMOSイメージセンサー「IMX418」の商品化を発表

CMOSイメージセンサー「IMX418」(左:チップ、右:チップサイズパッケージ) ソニーは、1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interf... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」を発売