PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2018]朋栄、12G対応マトリクスを搭載したルーティングスイッチャー「MFR-6000」を発表

News

[NAB2018]朋栄、12G対応マトリクスを搭載したルーティングスイッチャー「MFR-6000」を発表

2018-03-19 掲載

株式会社朋栄は、12G-SDI入出力に対応し、最大144入力×144出力の入出力構成が可能なルーティングスイッチャー「MFR-6000」を2018年9月末に発売する。価格は未定。

MFR-6000は、13Uの筐体サイズを持ち、最大16枚の入出力増設カードを実装可能なルーティングスイッチャー。昨年発売した最大72入力×72出力のMFR-4000の姉妹モデル。12G対応マトリクス搭載により、SDから4K UHD/8Kまで結線方式を意識せずに混在させて運用することが可能。12G-SDIに対応している入力増設カードMFR-9SDI12G/出力増設カードMFR-9SDO12Gを使用することにより9系統単位で増設でき、最大144入力×144出力のマトリクス構成が可能。Quad link 3G-SDIと12G-SDIの信号種変換、SQD(Square Division)と2SI(2-Sample Interleave)のマッピング変換を可能にするGearbox機能搭載の増設カードも用意されており、4K UHD/8Kを含めた解像度のルーティングに対応している。

リダンダント電源ユニットの搭載により電源冗長化をはじめ、CPU基板も冗長化することができる。MFR-6000を2台並列運用するルーター連動機能を使用して、マトリクス構成を2重化し、それぞれのMFR-6000でCPU冗長化と電源冗長化をすることで、CPUと電源の4重化構成も可能になる。

Webサーバーを内蔵しており、外部デバイスに設定用のソフトウェアをインストールすることなく、WebブラウザからWeb GUIを用いて各種設定を行える。各種障害への対応として、SNMP監視システムへの組み込みも可能となっており、電源、ファン、CPUステータス、SDI信号検出状態、クロスポイントエラーなどの各種ステータスを監視し、障害発生/回復時に監視マネージャに対してSNMPトラップを送信可能。また、リモートコントロールユニットは、16ボタンの卓上タイプから64ボタンの2RUタイプまで10種類のユニットがある。

なお、MFR-6000は2018年4月9日から12日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2018の同社ブース(セントラルホール/C5117)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-03-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2018]朋栄、12G対応マトリクスを搭載したルーティングスイッチャー「MFR-6000」を発表