PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > RED、低照度性能に優れたEPIC-W対応のGEMINI 5K S35センサーを発表

News

RED、低照度性能に優れたEPIC-W対応のGEMINI 5K S35センサーを発表

2018-03-27 掲載

RED Digital Cinemaは、低照度性能に優れたRED EPIC-Wカメラに対応するGEMINI 5K S35センサーを発表した。GEMINI 5K S35センサーを搭載したRED EPIC-Wの価格は24,500ドルより。WEAPON Carbon FiberやRED EPIC-W 8Kのユーザーは、GEMINIセンサーにアップグレードできる。

EPIC-W 5K S35は、これまで歴代機種の中でもっとも高感度を実現したREDセンサーであり、「GEMINIセンサーは、宇宙空間での低照度条件用に開発されました」とRED DIGITALCINEMAのJarred Land社長は語る。1つのカメラにローライトまたは標準モードの2つ感度をもつデュアルセンシティビティモードを搭載しており、各モードはカメラのオンスクリーンメニューから簡単に切り替えることができるようになっている。

センサーのサイズは、30.72mm×18mmで、対角線は35.61mm。ダイナミックレンジは16.5+ストップとレンジが広くてノイズが少なく、シャドウディテールが優れたシネマ品質の映像の撮影を特長とする。

コンパクトなDSMC2フォームファクターとセンサーを組み合わせにより、最大96fpsの5KフルフォーマットでRED RAWで撮影できる。さらに、REDのIPP2エンハンスド画像処理パイプラインをカメラでサポートし、EPIC-WはREDのDSMC2カメラと同様にREDCODE RAW、アップルProRes、アビッドDNxHD/HRの同時レコーディングを実現している。

    ■GEMINI 5K S35センサー搭載のEPIC-Wの主な特長

    • 低照度性能を実現する新型5K S35センサー
    • デュアルセンシティビティセンサーにより、さまざまな撮影環境に柔軟に対応
    • 標準モードとローライトモードの間のシームレスな切り替え
    • シネマ画質を実現
    • 広いダイナミックレンジ
    • 5K〜96fpsのフルフォーマット
    • ProResまたはAvidを使用して4K〜30fps、2K〜120fps
    • REDCODE plus ProResまたはAvidを同時に記録
    • 最大データレートは275MB/sの書き込み速度を実現
    • 交換レンズマウント

[ Category : ]
[ DATE : 2018-03-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

西華デジタルイメージ、「RED Digital Cinema一週間モニターキャンペーン」を実施

西華デジタルイメージ株式会社は、「RED Digital Cinema一週間モニターキャンペーン」を2018年8月10日~10月31日まで実施する。応募期間は2018年8月10日~... 続きを読む

システムファイブ、「はじめてのRED 撮影&編集ワークフローセミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2018年9月4日(火)に「はじめてのRED 撮影&編集ワークフローセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。協力は... 続きを読む

RAID、RED Digital Cinema認定サービスセンター契約を締結

株式会社小輝日文グループの株式会社RAID社は、RED Digital Cinema社(以下:RED)とRED社認定サービスセンター(以下:RED CSC)の契約を締結したことを発... 続きを読む

REDスマホHydrogen One、Lucid開発8K 3Dカメラを実装可能に

米RED Digital Cinema(以下:RED)は先週19日に、今秋に発売予定のスマートフォン「Hydrogen One」のプロトタイプのお披露目会を、自社が保有するプロダク... 続きを読む

RED、DSMC2に統一した新カメララインナップと価格改定を発表

RED Digital Cinemaは、カメラ本体に該当する部分のBrainを「DSMC2」に統一し、センサーはMONSTRO 8K VV、HELIUM 8K S35、GEMINI... 続きを読む

トップ > ニュース > RED、低照度性能に優れたEPIC-W対応のGEMINI 5K S35センサーを発表