PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アスク、STEREO LABSのステレオカメラおよび、VR HMDでAR/MR体験を可能にする小型ステレオカメラを発売

News

アスク、STEREO LABSのステレオカメラおよび、VR HMDでAR/MR体験を可能にする小型ステレオカメラを発売

2018-04-03 掲載

写真上:ZED Stereo Camera、写真下:ZED Mini

株式会社アスクは、同社が取り扱うSTEREO LABS社のステレオカメラ「ZED Stereo Camera」および、VR HMDでAR/MR体験を可能にする小型ステレオカメラ「ZED Mini」を発売開始した。市場想定価格はともに税別10万円前後。

ZED Stereo Cameraは、400万画素のデュアルカメラを搭載し、最大4416×1242の解像度に対応。最大2.2K解像度の3Dマッピングが可能なステレオカメラ。幅約175mmのコンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、屋内・屋外どちらでも使用可能。30fpsの1080p HDまたは100fpsのWVGAに加え、最大110°の視野角により、深度20mまでマッピング可能。

ZED Miniは、VRヘッドマウントディスプレイに取り付けることで、シームレスなAR/MR体験を実現する小型ステレオカメラ。HTC VIVEおよびOculus Riftへの装着に対応しており、幅約125mm、重量約63gとコンパクト設計。400万画素のデュアルカメラでマッピングした3D映像を、リアルタイムでVRヘッドマウントディスプレイに送信する。マーカーや外部センサーを追加することなく、1mm単位でのポジショントラッキングが可能。また、最大4416×1242の解像度に加え、1080pモード時には30fps、WVGAモード時には100fpsのフレームレートでマッピング可能。110°の視野角で深度12mまでのマッピングに対応している。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-04-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[Seoul VR AR EXPO 2018]韓国のVR/ARで盛り上がる現状を探る

CES2018に留まらずNAB2018でもVRやARの隆盛は顕著である。この流行は、世界規模であると言える。今回は、4月19日から22日までCOEXで開催された、韓国最大のVR∙A... 続きを読む

Blackmagic Micro Studio Camera 4K事例:HuluのVRシリーズ「A Curious Mind with Dominic Monaghan」の場合

Blackmagic Designの発表によると、トロントの制作会社CreamVRが、バーチャルリアリティ番組「A Curious Mind with Dominic Monagh... 続きを読む

平昌オリンピックで5GとライブVRが実現

IOC(国際オリンピック委員会)と、2024年までパートナーシップを結んでいるインテルは、韓国・平昌で開催された、冬季オリンピックにおいて様々な革新技術を投入した。インテルは、IO... 続きを読む

アスク、「Insta360 Pro 製品紹介・実践セミナー」を開催

株式会社アスクは、2018年3月22日にInsta360ブランド製のプロフェッショナル向け360°カメラ「Insta360 Pro」の導入を検討している法人ユーザーを対象とした「I... 続きを読む

NGC、KANDAOの360° 3D撮影が可能なVRカメラ「Obsidianシリーズ」を発売

株式会社エヌジーシーは、中国・深センのKANDAO Technology Co, Ltd(以下:KANDAO)と代理店契約を締結。国内唯一の代理店として2018年1月1日よりKAN... 続きを読む

トップ > ニュース > アスク、STEREO LABSのステレオカメラおよび、VR HMDでAR/MR体験を可能にする小型ステレオカメラを発売