PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2018]Dejero、中核ソフトウェアのアップデートを発表。HEVC対応、対応フレームレートの追加、録画機能を強化

News

[NAB2018]Dejero、中核ソフトウェアのアップデートを発表。HEVC対応、対応フレームレートの追加、録画機能を強化

2018-04-06 掲載

株式会社朋栄が国内総販売代理店を務めるカナダDejero社が、同社製品で利用しているソフトウェアCoreの新バージョン「Dejero Core 5.0」を発表した。Coreは、すべてのDejeroトランスミッタとレシーバで動作し、複数のネットワークプロバイダからのIP接続のインテリジェントで動的な接続を担う独自のテクノロジーを備えている。

Dejero Core 5.0では、高品質にビデオをエンコードし、複数のIPストリームで確実に送信、低遅延な品質を提供する汎用性の高いモバイルトランスミッタDejero EnGoにHEVCコーデックサポートを追加。EnGoは、オート・トランスポートとアダプティブ・ビットレートエンコーディング技術(帯域幅が限られている場合に画質を最適化)に加え、HEVCを組み合わせることが可能。HEVC圧縮により、低ビットレート時においても高品質な映像を提供することが可能になるとしている。Core 5.0ソフトウェアのアップデートは対象のユーザーに無償で実施し、追加のハードウェアを購入する必要はない。

また、Dejero EnGo、GoBox、およびVSETトランスミッタ、Dejero Broadcast Server、Cloud ServerおよびMultiPointクラウドサービスに1080/25pと1080/30pのフォーマットを追加。HEVC対応PathWayラックマウントエンコーダ/トランスミッタとWayPointレシーバは、1080/25p/30p/50p/60pフォーマットをサポートする。

Dejero Core 5.0は、HEVCとフレームレートの強化に加え、現場のオペレーターがトランスミッタに記録されたクリップ名を変更できるため、放送局での検索と管理が容易になるとしている。さらに12Mbpsと15Mbpsで記録するオプションも追加される。Dejeroトランスミッタの大容量ストレージは、これらの記録に十分な容量を有している。

なお、バージョンCore 5.0は2018年4月9日から12日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2018のDejeroブース(セントラルホール/C2025)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-04-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Pixellot Standard事例:フットサル大会「CNCIケーブルテレビフットサルフェスタin Oasis21」の場合

右上の赤丸が試合映像の撮影、ライブ配信に活用された「Pixellot Standard」 株式会社朋栄の発表によると、同社が輸入取扱を行うイスラエルPixellot社のAIカ... 続きを読む

朋栄製品導入事例:福岡放送の回線センターシステムの場合

MFR-6000 株式会社朋栄の発表によると、株式会社福岡放送より、各種映像素材を局内へ分配する回線センターシステムを受注したという。福岡放送では、2019年夏に新しい回線セ... 続きを読む

メ~テレ、「8K」および「AI」を活用した2つの取り組みを実施

8K撮影の様子 メ~テレ(名古屋テレビ放送)は「次世代放送の先進局」を目指し、次世代映像に積極的に取り組んできた。今回、メ~テレは次世代映像技術のキーワードとして注目される、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2018出展概要を発表。12G-SDI関連製品や4K対応製品などを展示

4K対応ビデオスイッチャー「HVS-2000」 株式会社朋栄は、2018年7月11日~12日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第3回 関西放送機器展」に出展する(... 続きを読む

朋栄、九州放送機器展2018出展概要を発表。スタジオサブシステムや実運用に即した4K対応製品・ソリューションを展示

※写真は九州放送機器展2017の朋栄ブースの様子 株式会社朋栄は、2018年7月5日~6日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2018」に出展する(ブース... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2018]Dejero、中核ソフトウェアのアップデートを発表。HEVC対応、対応フレームレートの追加、録画機能を強化