PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2018]AJA、HDRイメージアナライザーを技術公開

News

[NAB2018]AJA、HDRイメージアナライザーを技術公開

2018-04-11 掲載

AJA Video Systems社は、新製品としてHDRイメージアナライザーのテクニカルプレビュー版をNAB2018で公開した。HDRイメージアナライザーは、波形、ヒストグラム、ベクタースコープ、NitsレベルHDRモニタリングソリューションで、プロダクション、ポストプロダクション、品質管理(QC)、マスタリング、4K/UltraHD/2K/HD、HDR、WCGコンテンツの監視と分析を簡略化するとしている。

AJAのビデオ・オーディオI/OとColorfront社製のHDR分析ツールを組み合わせた1RUシャーシサイズのコンパクトなHDRイメージアナライザーは、PQ(Perceptual Quantizer)、ハイブリッドログガンマ(HLG)、Rec.2020を含むHDRフォーマットの監視と分析を行う柔軟なソリューションで、4K/UltraHDワークフローに対応する。

2017年にAJAのFS-HDRにColorfront Engineが搭載されて以来、今回の新製品でColorfrontとAJAは2度目の技術協力となった。AJAのHDRイメージアナライザーには、ColorfrontのColorfront HDR Image AnalyzerソフトウェアをAJAが使用するための独占的ライセンスが認可されている。主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 本来の解像度で画像を表示できる、正確で高品質なUltraHDのユーザーインターフェイス
  • 色域範囲外と輝度範囲外を誤差なく高度に検出
  • SDR(Rec.709)、ST2084/PQ、HLG分析に対応
  • CIEグラフ、ベクタースコープ、波形、ヒストグラム
  • 範囲外色域モードで簡単に色域範囲外と輝度範囲外のピクセルを発見
  • ピクセルピッカー付きのデータ分析器
  • 4系統の3G-SDI入力で、最大4K/UltraHD 60pに対応
  • SDI自動信号検知
  • タイムコード付きのファイルベースエラー記録
  • ルックアップテーブル(LUT)による表示と色処理
  • 1本の水平線上もしくは垂直線上で関心を寄せる領域に目を向けられるラインモード
  • 放送用モニターにループスルー出力
  • 静止画を保存
  • Nitsレベルと位相メーター
  • ARRI、Canon、Panasonic、RED、Sonyのカラースペースに組み込みで対応

[ Category : ]
[ DATE : 2018-04-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2018]AJA、HELO v3.0ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、スタンドアローン型H.264ストリーミング&レコーディングデバイス「HELO」向けファームウェアv3.0を発表した。同ファームウェアは、近日... 続きを読む

[IBC2018]AJA、「HDR Image Analyzer」を発表

AJA Video Systems社は、新製品「HDR Image Analyzer」を発売する。出荷開始は今秋を予定している。希望小売価格は税別2,240,000円。 HD... 続きを読む

[IBC2018]AJA、Ki Pro Ultra Plusのファームウェアv4.0を発表

AJA Video Systems社は、同社のProRes/DNx対応のレコーダー/プレイヤーKi Pro Ultra Plusの新たなファームウェアv4.0を発表した。今秋にリリ... 続きを読む

[IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表

AJA Video Systems社は、Colorfront Engineを搭載したリアルタイムHDR/WCGコンバーターFS-HDRのファームウェア/ソフトウェアv2.6を発表し... 続きを読む

[IBC2018]AJA、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を発表

AJA Video Systems社は、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を2018... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2018]AJA、HDRイメージアナライザーを技術公開