PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ヴァイテック、マンフロットVR撮影サポート機材新製品7モデルを発売

News

ヴァイテック、マンフロットVR撮影サポート機材新製品7モデルを発売

2018-06-05 掲載

ヴァイテックイメージング株式会社は、マンフロットの360°VR撮影サポート機材7モデルを2018年6月18日に発売する。2018年1月に国内で発表したマンフロットの360°VR撮影サポート機材のラインナップに、プロ向けアルミニウム製ベース・ブームや、コンシューマー向け小型360°カメラ用三脚キットなどの各種新モデルが追加となった。各製品の希望小売価格、詳細は以下の通り。

アルミニウム製ベースとブーム

■MTALUVR

VR撮影サポートアルミニウムベースL

大型のアルミニウム製ベース。ベース自体で最長151cmまで伸び、眼の高さでの撮影が可能。付属のブームコネクターをセンターポールの上下端に装着すれば、エクステンションブームMBOOMAVRを2点止めで固定可能。

カーボンファイバーベースMTCFVRに比べ脚径が細いため軽量で、ツイストロックの4段の脚はコンパクトに畳める。本体部の側面にアクセサリー接続用のイージーリンク(3/8”メス)が備わっている。

  • 脚素材アルミニウム
  • 4段
  • 脚径26mm
  • 全伸高151cm/伸高127cm/最低高42cm/縮長45cm
  • 自重2.16kg
  • 最大耐荷重7kg
  • アッパーディスクネジ径3/8”/ブームコネクターはØ26のブーム(MBOOMAVR)に対応
  • 希望小売価格:税別42,500円
■MBOOMAVR

VR撮影サポートアルミニウムエクステンションブームM

2メートルまで伸びるブーム。下端(3/8”メスネジ)をマンフロットのVR撮影用ベースに装着し、上端(3/8”-1/4”反転式スクリュー)にカメラを載せて使用する。アルミニウムベースMTALUVRと組み合わせた場合は、MTALUVRのブームコネクターにしっかり固定可能。

  • アルミニウム製
  • 4段
  • チューブ径26mm
  • 全伸高200cm/最低高61cm
  • 自重0.52kg
  • 最大耐荷重1.5kg
  • 上端3/8”-1/4”反転式スクリュー/下端3/8”メスネジ
  • ベースMTALUVRのブームコネクターに接続可能
  • 希望小売価格:税別16,100円

スタンド+アルミニウムブーム

■MSTANDVR

VR撮影サポートスタンド+アルミニウムブーム

ライトスタンドの脚の形状をしたベースと、4段アルミニウムブーム(MBOOMAVR相当)の組み合わせ。ベースは1本の脚の長さ調節により水平出しが可能。

  • アルミニウム製
  • ブーム部4段
  • ブーム部チューブ径26mm
  • 全伸高212cm/最低高72cm/縮長86cm
  • 設置面直径109cm
  • 自重1.15kg
  • 最大耐荷重1.5kg(最大伸長時0.5kg)
  • 上端3/8”-1/4”反転式スクリュー
  • 希望小売価格:税別27,500円

小型360°カメラ用製品

■MKPROVR

VR撮影サポート テーブル三脚+エクステンションキット

堅牢なアルミニウム製テーブル三脚、伸縮可能なエクステンション、3/8”-1/4”変換アダプターのセット。

  • アルミニウム製
  • 最大高さ29cm/最低高21cm
  • 三脚開脚角度18°
  • 自重205g
  • 最大耐荷重2kg
  • カメラ取付け:1/4”(アダプター上)または3/8”(エクステンション、テーブル三脚)
  • 希望小売価格:税別10,950円
■MKCONVR

VR撮影サポートPIXI EVO+4段ポールキット

ミニ三脚「PIXI EVO」の特別バージョンに4段アルミニウムポールが取り付けられたキット。ミニ三脚部は脚の長さや開脚角度が調節可能。アルミニウム製の4段エクステンションポールを伸ばすと、最大143cmの高さに達する。床に置いて360°VR撮影ができ、エクステンションポールを取り外してセルフィースティック(自撮り棒)として使用することも可能。ポール単体(MPOLEVR)でも発売。

  • 三脚部ADAPTOテクノポリマー製
  • ポール部アルミニウム製
  • ポール段数4段
  • 最大高さ143cm/最低高52.5cm/縮長59cm
  • 自重540g
  • 最大耐荷重1kg(最大伸長時0.15kg)
  • ネジ径:三脚部1/4”オス、ポール部下端1/4”メス、ポール部上端1/4”オス
  • 希望小売価格:税別11,250円
■MPOLEVR

VR撮影サポート アルミニウムセルフィースティック

MKCONVRのポール部単体。小型ボール雲台も付属。小型360°カメラによる自撮りや手持ちでのVR撮影に適している。

  • アルミニウム製
  • ポール段数4段
  • 脚径24.8mm
  • 全長135cm/縮長44.5cm
  • 自重300g
  • 最大耐荷重1kg(最大伸長時0.15kg)
  • ポール下端1/4”メスネジ、ポール上端1/4”オスネジ
  • 小型ボール雲台付属、1/4”オスネジ
  • 希望小売価格:税別6,100円

パノラマ雲台

■MHPANOVR

VR撮影サポート マルチプレート付きパノラマ雲台

一眼レフカメラによる多重列パノラマ写真撮影向けの雲台。VR撮影ベース・ブーム、あるいは三脚上に取り付けて使用。

カメラ/レンズのノーダルポイントを中心に雲台が回転するよう、スライディングプレートを使ってカメラ位置を調整する。使用レンズの視野角に合わせてパン軸の回転角(360°パノラマ写真を完成させるのに必要な写真枚数)とティルト軸の回転角を決め、全アングルで写真を撮影する。正確にノーダルポイントや回転角がセットできるため、撮影や撮影後の合成が容易になるとしている。従来モデル303SPHと同等品だが、303SPHに比べ価格が安価となっている。

  • アルミニウム製
  • 雲台高さ32cm
  • 自重2.43kg
  • 最大耐荷重4kg
  • 付属プレート357PLV
  • ベース直径60mm
  • 希望小売価格:税別97,500円

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-05 ]
[ TAG : ]

関連する記事

HumanEyes Technologies、180° VR撮影、360°撮影が切替可能な5.7Kカメラ「Vuze XR」を発売

イスラエルのHumanEyes Technologiesは、2018年12月5日(日本時間)、同社のVuze VRカメラシリーズの最新ラインアップとなる「Vuze XR」を事前予約... 続きを読む

[InterBEE2018]ヴァイテックイメージングブース:ManfrottoのMVTTWINMCを参考展示。JOBYのゴリラポッドやLoweproのバックパックなども展示

ヴァイテックイメージングブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

ヴァイテックイメージング、JOBYのテレポッドなど13モデルを発売

写真は「JB01533-BWW」 ヴァイテックイメージング株式会社は、JOBYの伸縮ポール付き三脚「テレポッド」シリーズや、「ゴリラポッド」のスマートフォン用モデルなど13モ... 続きを読む

ヴァイテックイメージング、マンフロットの新センターボール雲台5モデルを発売

写真は「MH492LCD-BH」 ヴァイテックイメージング株式会社は、マンフロットの新しいセンターボール雲台として5モデルを2018年10月31日より順次発売する。新しいセン... 続きを読む

RED&Facebook、16xHELIUM 8Kセンサー搭載360/VRカメラを発表

Facebookの開発者向けカンファレンス「F8」にて、同社はRED Digital Cinemaとの新たなパートナーシップを発表し、FacebookのSurround360テクノ... 続きを読む

トップ > ニュース > ヴァイテック、マンフロットVR撮影サポート機材新製品7モデルを発売