PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > AJA、12G-SDIコンバーター「Hi5-12G」と「HA5-12G」を発表

News

AJA、12G-SDIコンバーター「Hi5-12G」と「HA5-12G」を発表

2018-06-07 掲載

AJA Video Systems社は、InfoComm 2018で12G-SDIからHDMI2.0への変換に対応した「Hi5-12G」と、HDMI2.0から12G-SDIへの変換に対応した「HA5-12G」の2モデルを発表した。2018年夏に発売予定。

Hi5-12GとHA5-12Gは、3種類のモデルの中から必要に応じてSFP光ファイバーを構成することが可能。高解像度やハイフレームレート、Deep Colorコンテンツを長距離に伝送できる。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。

  • Hi5-12G:税別112,000円
  • Hi5-12G-R:税別140,000円
  • Hi5-12G-TR:税別168,000円
  • HA5-12G:税別112,000円
  • HA5-12G-T:税別140,000円
  • HA5-12G-2T:税別168,000円

Hi5-12G

Hi5-12Gは、8チャンネルのエンベデッドデジタルオーディオを含む4K/UltraHD/2K/HD対応の12G-SDI(シングルリンク)入力を、2チャンネルあるいは8チャンネルのエンベデッドオーディオを含むHDMI2.0出力に変換する。HDMI v2.0b/CTA-861-Gの規格に準拠したHDRメタデータを生成可能で、コンパクトな筐体にはシングルリンクの12G-SDI入力と、リクロッキングされたSDIループ出力が搭載されているため、簡単にモニタリングやSDI経路の伝送を実現するとしている。

SFPファイバーを装着したモデル「Hi5-12G-R」は、レシーバー(受信機)として機能し、長距離伝送のSDIあるいは光ファイバーのいずれかで接続したソースをHDMIの4K信号に変換する。

「Hi5-12G-TR」は、トランシーバー(送信機)の役割を担い、4K/UltraHDのSDIまたは光ファイバーのソース信号をHDMIで送出先に出力しながら、SDIまたは光ファイバーで第二の送出先に出力可能。

Hi5-12Gモデルには、電源アダプタDWP-Uとファームウェアアップデート用のUSBポートが同梱されている。

HA5-12G

HA5-12Gは、最大8チャンネルのエンベデッドオーディオ、または2チャンネルのアナログオーディオ(RCA端子)を含んだHDMI2.0入力から、8チャンネルあるいは2チャンネルのエンベデッドデジタルオーディオを含む2系統の12G-SDI(シングルリンク)出力に変換する。HDMI v2.0b/CTA-861-Gの規格に準拠したHDRインフォフレームデータを、HDMI経由で分析することも可能。同コンバーターには、2つのDA(分配)出力が搭載されている。リンクされた2つのSDIから12G-SDIを伝達することで、4K/UltraHDのSDI伝送で生じるケーブルの数を減らすことが可能。

SFPファイバーを装着したモデル「HA5-12G-T」は、シングルチャンネルの送信機として機能し、HDMIの4K信号を長距離伝送(シングルモードにより最大10km伝送)が可能。

「HA5-12G-2T」は、デュアルチャンネルの送信機として機能し、HDMIの4K信号を分配増幅器なしで複数拠点に渡すため、12G-SDI(同軸)x2と12G-SDI光ファイバーx2の同時出力が可能。

HA5-12Gモデルには電源アダプタDWP-Uとファームウェアアップデート用のUSBポートが同梱される。

AJA Video Systems社 社長 Nick Rashby氏は次のようにコメントしている。

Nick Rashby氏:4K/UltraHDのワークフローは、プロダクション、放送局、ポストプロダクション、ProAV業界の中でますます身近なものとなっており、HDMI2.0と12G-SDI間での4K/UltraHD変換需要はさらに高まっています。Hi5-12GとHA5-12Gは、そのニーズに応えます。12G-SDIとHDMIを搭載したデバイスとディスプレイ間で、高品質の信号を簡単かつコスト効率良く伝送することができます。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2018]AJA、HELO v3.0ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、スタンドアローン型H.264ストリーミング&レコーディングデバイス「HELO」向けファームウェアv3.0を発表した。同ファームウェアは、近日... 続きを読む

[IBC2018]AJA、「HDR Image Analyzer」を発表

AJA Video Systems社は、新製品「HDR Image Analyzer」を発売する。出荷開始は今秋を予定している。希望小売価格は税別2,240,000円。 HD... 続きを読む

[IBC2018]AJA、Ki Pro Ultra Plusのファームウェアv4.0を発表

AJA Video Systems社は、同社のProRes/DNx対応のレコーダー/プレイヤーKi Pro Ultra Plusの新たなファームウェアv4.0を発表した。今秋にリリ... 続きを読む

[IBC2018]AJA、FS-HDRファームウェアv2.6を発表

AJA Video Systems社は、Colorfront Engineを搭載したリアルタイムHDR/WCGコンバーターFS-HDRのファームウェア/ソフトウェアv2.6を発表し... 続きを読む

[IBC2018]AJA、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を発表

AJA Video Systems社は、10GigE対応のSMPTE ST 2110ビデオ/オーディオレシーバー「IPR-10G2-HDMI」「IPR-10G2-SDI」を2018... 続きを読む

トップ > ニュース > AJA、12G-SDIコンバーター「Hi5-12G」と「HA5-12G」を発表