PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注

News

ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注

2018-06-11 掲載

4K設備を12G-SDIで構築し、従来のHD設備と同様の運用を実現

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、讀賣テレビより、新社屋向け4K HDR対応の制作スタジオ設備を受注したという。12G-SDIをベースに構築される関西圏初の4Kライブ制作システムで、新社屋は2019年8月に開局予定。

今回受注したシステムは、従来と比べて入出力を大幅に拡張し、大規模4K制作を可能とする、新開発のマルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」を中心に構成。現在の第2、第3スタジオサブにて実績のあるスイッチャープロセッサーおよびコントロールパネルの二重化運用に対応し、高度な冗長機能を実現するとともに、2式の同時使用により多彩な番組制作も可能としている。

また、ソニー提唱の「SR Live for HDR」に対応することで、4K HDR/HD SDRの同時ライブ映像制作にも対応。新社屋設備の検討にあたり、ソニーのIP伝送やシステム開発への取り組みや実績、更には将来的な発展性について高く評価されたことも採用の決め手となったという。

    ■主な受注システム機器

  • マルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」「XVS-7000」
  • スイッチャーコントロールパネル「ICP-X7000」
  • マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」
  • ベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4500A」
  • HDRプロダクションコンバーターユニット「HDRC-4000」
  • 30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、ハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応するVENICEのファームウェアVer.4.0を発表

ソニーは、シネマカメラVENICEのファームウェアVer.4.0でスローモーション映像を実現するハイフレームレート撮影やリモートコントロール機能に対応することを発表した。ファームウ... 続きを読む

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには... 続きを読む

ソニー、0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α6400」を発売

ソニーは、APS-Cサイズの有効約2420万画素CMOSイメージセンサーExmorを搭載するレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α6400」を2019年2月22日に発売する(予約受付開... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.2.00を公開

ソニーは2018年12月20日、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」と「PXW-Z190」のアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。 同アップデー... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注