PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注

News

ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注

2018-06-11 掲載

4K設備を12G-SDIで構築し、従来のHD設備と同様の運用を実現

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、讀賣テレビより、新社屋向け4K HDR対応の制作スタジオ設備を受注したという。12G-SDIをベースに構築される関西圏初の4Kライブ制作システムで、新社屋は2019年8月に開局予定。

今回受注したシステムは、従来と比べて入出力を大幅に拡張し、大規模4K制作を可能とする、新開発のマルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」を中心に構成。現在の第2、第3スタジオサブにて実績のあるスイッチャープロセッサーおよびコントロールパネルの二重化運用に対応し、高度な冗長機能を実現するとともに、2式の同時使用により多彩な番組制作も可能としている。

また、ソニー提唱の「SR Live for HDR」に対応することで、4K HDR/HD SDRの同時ライブ映像制作にも対応。新社屋設備の検討にあたり、ソニーのIP伝送やシステム開発への取り組みや実績、更には将来的な発展性について高く評価されたことも採用の決め手となったという。

    ■主な受注システム機器

  • マルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」「XVS-7000」
  • スイッチャーコントロールパネル「ICP-X7000」
  • マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」
  • ベースバンドプロセッサーユニット「BPU-4500A」
  • HDRプロダクションコンバーターユニット「HDRC-4000」
  • 30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催。4K/8K、HDRだけでなく、AI、IPなどの将来を見据えた展示

ソニーは、6月14日および15日の2日間、東京・品川のソニー本社にて「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2018に出展した機材や... 続きを読む

ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

「リソースシェア」により設備投資効率を最大化 ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、三重テレビから、IPライブ伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース... 続きを読む

ソニー、広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載した「RX100 VI」を発売

ソニーは、RX100シリーズとして初めて広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「RX100 ... 続きを読む

[CineGear2018]ソニー、VENICEの拡張シネマカメラシステムを公開。「アバター」続編3D撮影で活躍

ソニーはCine Gear EXPO 2018で、CineAltaカメラ「VENICE」の拡張シネマカメラシステムを公開した。 アカデミー賞を受賞した「タイタニック」(1... 続きを読む

ソニービジネスソリューション、NTTドコモの「5Gデモバス」内に仮想空間Warp Squareを中心としたシステム一式を納入

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、株式会社NTTドコモの「5Gデモバス」に向けて、車内で5G(第5世代移動通信方式)を体感可能な仮想空間Warp Squareを中... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション、讀賣テレビより新社屋向け4K HDR対応 第3・第4スタジオサブ・カメラシステムを受注