PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > リブランドするライカ・シネレンズLeicaからLeitzへ

News

リブランドするライカ・シネレンズLeicaからLeitzへ

2018-06-18 掲載

6月15日、ライカのシネレンズを扱うCW Sonderopticは、「Ernst Leitz Wetzlar GmbH(以下:Leitz Cine社)」に名称を変更した。今回、ライカカメラAGが所在するドイツ・ヘッセン州ウェッツラー「ライツパーク」の完成のレセプションに併せて発表された。

Leitzという名称はライカにとっても大きな名前で、Ernst Leitz(エルンスト・ライツ)は、創業時の立役者ライツのことである。実際1980年代後半までのライカ製品に刻まれていた。

かつての製品には「Ernst Leitz Wetzlar」が冠されていた。その後LeitzのカメラでLeicaというブランド変遷となる

今回リブランドしたLeitz Cine社は、2008年にライカカメラAGの関連会社「CW Sonderoptic」として、ライカブランドのシネレンズの設計、製造、販売を行う会社として設立された。当初は事業に懐疑的なところがあったらしいが、ライカカメラAG社主のアンドレアス・カウフマン博士の手腕により設立10年で予想以上に大きく業績を伸ばしたこともあり、今回の大きな名前を冠した変更になったという。CW Sonderopticの「CW」は、「シネウェッツラー」という略語も今回堂々と社屋にお目見えすることになった。

Leitz Cine社の新社屋エントランスには象徴的なLeitzロゴが鎮座

Leitzのリブランディングは、シネレンズ分野における成長への新たなコミットメントを示しています。1世紀以上前にライカを創り出したエルンスト・ライツ氏への敬意を表しています。80年代後半までライカの全ての製品には「Ernst Leitz Wetzlar」という刻印がされていました。我々の新社名の持つ偉大さを深く受け止めたいと思います。

と同社マネージングディレクターゲルハルト・バイエル氏は語った。なお15日以降の注文のシネレンズ群には新社名となるLeitzエンブレムが施されるという。後日新生Leitz Cineについてはレポートしたい。

ライカカメラAG社主であり、Leitz Cine社長のアンドレアス・カウフマン博士が今回の経緯をスピーチ

[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ライカカメラ、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM10モノクローム」を発売

ライカカメラは、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラの次世代モデルとして「ライカM10モノクローム」を2020年1月25日に発売する。希望小売価格は税別1,050... 続きを読む

LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)とLeica Camera AG(以下:Leica)は、長期的なパートナーシップの締結を発表した。 アクションカメラ... 続きを読む

ライカ、「ライカM10-P」特別限定モデル2機種を発売

ライカカメラ社は、同社のレンジファインダー式カメラシステム「ライカMシステム」の「ライカM10-P」の特別限定モデルとして、「ライカM10–P“White”」および「ライカM10-... 続きを読む

ライカ、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を発売

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、Mレンズのラインアップを拡充する新製品として、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を2019年12... 続きを読む

[Report Now!]新型Lマウントフルフレームカメラ「Leica SL2」国内発表

txt:手塚一佳 構成:編集部 2019年11月13日。銀座にあるライカプロフェッショナルストア東京にて、ライカカメラ社の新型Lマウントフルフレームカメラ「Leica SL2... 続きを読む

トップ > ニュース > リブランドするライカ・シネレンズLeicaからLeitzへ