PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合

News

ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合

2018-07-04 掲載

マルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、株式会社福岡放送から、12G-SDIをベースに構築した4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムを受注したという。4K HDRライブ映像制作対応の中継車としては九州圏初のシステムだという。同中継車は2019年2月から稼働予定。

同システムでは、マルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」にくわえ、ソニー製マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」の採用も予定されている。同システムは、ソニーが提唱する制作ワークフロー「SR Live for HDR」に対応。「SR Live for HDR」は、従来のHDライブ制作環境を用いながら、高画質の4K HDR映像制作や、4K HDR映像とHD SDR映像の同時制作を可能とするワークフローだという。HDライブ制作のワークフローを踏襲しているため、従来と同等の人員配置で4K HDRコンテンツの制作が実現できる。

福岡放送からは、「SR Live for HDR」に加え、ソニーの4Kシステム並びに大型中継車の国内導入実績が評価され、今回の採用決定となった。ソニーが受注した大型中継車システムを構成する主な機器は以下の通り。

■主な受注システム機器

  • マルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」
  • マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」
  • 30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」
  • HDRプロダクションコンバーターユニット 「HDRC-4000」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用信号処理駆動LSIを商品化

フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD「SXRD241A」(写真下)、高画質信号処理駆動LSI「CXD3554GG」(写真上) ソニーは、ポータブルプロジェクター... 続きを読む

ソニー、315点像面位相差AFセンサーと0.05秒の高速AFを搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「DSC-RX100M5A」を発売

ソニーは、デジタルスチルカメラサイバーショット「DSC-RX100M5A」を2018年7月13日に発売する(7月6日より先行予約販売開始)。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税... 続きを読む

ソニー、大口径超望遠レンズGマスター「FE 400mm F2.8 GM OSS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα Eマウントレンズとして、大口径超望遠レンズGマスター「FE 400mm F2.8 GM OSS」(SEL400F28GM)を発売する。2018... 続きを読む

ソニー、「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催。4K/8K、HDRだけでなく、AI、IPなどの将来を見据えた展示

ソニーは、6月14日および15日の2日間、東京・品川のソニー本社にて「2018映像制作機器 新製品内見会」を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2018に出展した機材や... 続きを読む

ソニービジネスソリューション、三重テレビから国内初となるオールIPのHD報道/制作スタジオ対応サブシステムを受注

「リソースシェア」により設備投資効率を最大化 ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、三重テレビから、IPライブ伝送技術「ネットワーク・メディア・インターフェース... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合