PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合

News

ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合

2018-07-04 掲載

マルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」

ソニービジネスソリューション株式会社の発表によると、株式会社福岡放送から、12G-SDIをベースに構築した4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムを受注したという。4K HDRライブ映像制作対応の中継車としては九州圏初のシステムだという。同中継車は2019年2月から稼働予定。

同システムでは、マルチフォーマットスイッチャー「XVS-9000」にくわえ、ソニー製マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」の採用も予定されている。同システムは、ソニーが提唱する制作ワークフロー「SR Live for HDR」に対応。「SR Live for HDR」は、従来のHDライブ制作環境を用いながら、高画質の4K HDR映像制作や、4K HDR映像とHD SDR映像の同時制作を可能とするワークフローだという。HDライブ制作のワークフローを踏襲しているため、従来と同等の人員配置で4K HDRコンテンツの制作が実現できる。

福岡放送からは、「SR Live for HDR」に加え、ソニーの4Kシステム並びに大型中継車の国内導入実績が評価され、今回の採用決定となった。ソニーが受注した大型中継車システムを構成する主な機器は以下の通り。

■主な受注システム機器

  • マルチフォーマットスイッチャープロセッサー「XVS-9000」
  • マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」
  • 30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」
  • HDRプロダクションコンバーターユニット 「HDRC-4000」

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]ソニーブース:4K/8K、HDR、IPライブ伝送など様々な映像表現を提案

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、InterBEE 2018の出展概要を発表。4K/8K、HDR、IPライブ伝送など最新の映像制作ソリューションを提案

ソニーは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催中の国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展している(ホール7/No.7207)。 同社... 続きを読む

[InterBEE2018]ソニー、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を発表。4K画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットに対応

ソニーは、4K映像の画質を維持しながら、従来比約1/3に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200に対応した、4K XAVCレコーダー「PZW-4000」を2... 続きを読む

ソニー、24-720mmのズームレンズを搭載したサイバーショット3機種を発売

写真左上「DSC-HX99」、写真右下「DSC-WX800」「DSC-WX700」 ソニーは、24-720mm(画角:35mm判相当)の高倍率ズームレンズを搭載し、一台で広角... 続きを読む

ソニー、1つのMIPI入力ポートに対して複数接続可能なセンシング向けCMOSイメージセンサー「IMX418」の商品化を発表

CMOSイメージセンサー「IMX418」(左:チップ、右:チップサイズパッケージ) ソニーは、1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interf... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニービジネスソリューション製品導入事例:福岡放送の4K HDRライブ映像制作対応の大型中継車システムの場合