PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > JVC、「第3回 関西放送機器展」出展概要を発表。CONNECTED CAMを核とした「少コスト・少時間・省人化」を実現するIPライブ伝送ソリューションを提案

News

JVC、「第3回 関西放送機器展」出展概要を発表。CONNECTED CAMを核とした「少コスト・少時間・省人化」を実現するIPライブ伝送ソリューションを提案

2018-07-05 掲載

株式会社JVCケンウッドは、2018年7月11日~12日まで大阪南港ATCホールで開催される「第3回関西放送機器展(KBEE)」に出展する(Aホール/A-01)。

同社ブースでは、業務用ハイエンドカメラレコーダー「GY-HC900」を国内初展示。新コンセプト“CONNECTED CAM”を核とした「少コスト・少時間・省人化」を実現するIPライブ伝送ソリューションをメインに展示する。また、スポーツ分野向けに、同社ネットワーク対応ビデオカメラとStreamstar社製ライブプロダクションシステム「Streamstar」を組み合わせたIPリモートプロダクションシステムやワンマンオペレーションによるスポーツライブ制作ソリューションなど、各種映像制作ソリューションを提案する。主な展示内容は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1.新コンセプト”CONNECTED CAM”を核とした、IPライブ伝送ソリューション

近年のインターネット環境の進化により映像制作の現場は小規模化しており、設備のIoT化や省人化によりライトアセットな「インターネット放送」が盛んになってきています。こうした時代のニーズに対応するため、新コンセプト”CONNECTED CAM”を核として、映像制作機器に求められる高画質・高品質を実現しながら、IoTデバイスに求められる高い接続性と先進性を備えることで「少コスト・少時間・省人化」を提供する、新たなIPライブ伝送ソリューションを提案します。

1)ライブ中継のダウンサイジングを実現する”CONNECTED CAM”中継システム
IPへの接続性を進化させた新商品の”CONNECTED CAM”2/3インチハイエンドカメラレコーダー「GY-HC900」を展示。IoTデバイスとして、さまざまなネットワーク環境に柔軟に対応するとともに、同一回線上でカメラからのライブストリーミングを中継しながらスタジオからの番組映像・音声を同時に受信する双方向のライブストリーミングにも対応します。また、複数のLTE回線を束ねて伝送するボンディング技術を実現するPeplink社ドッカブルIP伝送中継器「SFE-CAM」(参考出品)を組み合わせることで、ライブ中継の際に中継車が不要となり、運用コスト、運用時間を低減します。さらに、現場で稼働している撮影クルーの位置や機材状況・カメラの設定などの一元管理機能も実現します。

2.スポーツ分野向けに省人化、効率化を実現するIPリモートプロダクションシステム

スポーツゲームのライブ中継映像に、リアルタイムでスコアや試合経過、チーム名などをグラフィックオーバーレイするスポーツ分野向けのIPライブ制作ソリューションに加え、省人化、効率化を可能にするスポーツ制作用カメラなどを展示します。

1)スポーツ制作用業務用ビデオカメラ「GY-HM250BB」
4K撮影での4:2:2記録モードに対応し、より豊かな色表現を可能にする4K CAMシリーズ「GY-HM250」をスポーツ分野向けに特化し、サッカーや野球、バスケットボールなどさまざまな形式のスコア表示をテロッパーなどの外部機器を使わずに、映像にオーバーレイ※1することができる、「GY-HM250BB」を展示します。撮影や配信をしながらスマートフォンやタブレットなどでスコア入力が簡単にでき、ワンマンオペレーションでも本格的なスポーツコンテンツを作成できます。無料アプリケーションソフト「SDPGenerator」でオリジナルのロゴやテキストも入力可能です。

※1:4K撮影時にはオーバーレイおよびストリーミングはできません。

2)ライブプロダクションシステム「Streamstar」「SCOREPLUS」
スポーツやライブイベントなどの中継用に、小規模なシステムで、ライブ制作とストリーミング配信スタジオの構築が実現できる、ライブプロダクションシステム「Streamstar」「SCOREPLUS」を展示します。遠隔地にある複数の当社製ネットワーク対応カメラ※2をリモート操作することにより、撮影クルーおよび機材のミニマイズが可能となります。また、新たにゼロコンフィグ機能を搭載。同一ネットワーク上のカメラが自動的にリストアップされるため、カメラのIPアドレスの入力が必要なく、数ステップでカメラの接続ができ、迅速に現場の設営が可能です。

※2:対応機種「KY-PZ100/GY-HM250/HM660/HM850」(2018年7月5日現在)。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-05 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ATENジャパン、関西放送機器展2019出展概要を発表。マルチキャスト対応IP-KVMエクステンダー「KE6900」などを出展

IP-KVMエクステンダー「KE6900」 ATENジャパン株式会社は、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出... 続きを読む

AJA、関西放送機器展2019出展概要を発表。マルチチャンネルH.264レコーダー「Ki Pro Go」や12G-SDI対応製品を展示

Ki Pro GO AJAは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する。同社ブースでは、マルチチャンネルH.2... 続きを読む

フォトロン、関西放送機器展2019出展概要を発表。Avid、EVS、TrackMen、Vizrtなどの映像制作システムを出展

昨年の関西放送機器展フォトロンブースの様子 株式会社フォトロンは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する... 続きを読む

さくら映機、関西放送機器展2019出展概要を発表。4K60p HDR対応のリアルタイムノンリニア編集システム「4K Prunus」を展示

さくら映機株式会社は、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する(ブースNo.A-52)。 同社ブースでは、... 続きを読む

朋栄、関西放送機器展2019出展概要を発表。12G-SDI対応製品、字幕制作対応製品などを展示

株式会社朋栄は、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する(ブースNo.A-32)。 同社ブースでは、4月の... 続きを読む

トップ > ニュース > JVC、「第3回 関西放送機器展」出展概要を発表。CONNECTED CAMを核とした「少コスト・少時間・省人化」を実現するIPライブ伝送ソリューションを提案