PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用信号処理駆動LSIを商品化

News

ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用信号処理駆動LSIを商品化

2018-07-18 掲載

フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD「SXRD241A」(写真下)、高画質信号処理駆動LSI「CXD3554GG」(写真上)

ソニーは、ポータブルプロジェクター用ディスプレイデバイスとして、フルHD解像度で0.37型の反射型液晶ディスプレイデバイスSXRD(Silicon X-Tal(crystal) Reflective Display)「SXRD241A」と、高画質信号処理機能を搭載した専用駆動LSI「CXD3554GG」を商品化する。量産出荷時期は2018年8月を予定しており、サンプル価格は税別12,000円。

SXRD241Aは、同社独自の狭画素ピッチ技術により、0.37型でフルHD解像度を実現。画素ピッチは、従来商品の6μmから4.25μmに約30%縮小。一般的にプロジェクター用のディスプレイデバイスは、画素ピッチが狭いほど、画素半導体素子への光漏れが起きやすく、光リーク電流が増加することで画質の悪化が生じやすくなるが、同商品では、従来商品から1画素の面積が約50%となったが、遮光層の追加や画素構造の最適化により、遮光特性を大幅に向上しているという。

また、RGBの光源を順番に高速で切り替え、そのタイミングに合わせて液晶を駆動させる、時間分割の駆動方式を採用することで、1つのパネルでフルカラー表示を可能にした。4Kハイエンドホームプロジェクター向けに培った、高反射率を実現する狭画素電極間構造や、液晶層への光乱反射を低減する画素間平坦化技術、および無機配向技術を用いたノーマリーブラックモードなど、SXRDの独自技術を同商品にも採用することで、高解像度や高コントラスト性能、高輝度を実現している。

新商品(フルHD)(左)と従来品(WXGA)(右)

CXD3554GGは、同社独自の高画質信号処理機能により、SXRDの特性を最大限に引き出す。一般的なプロジェクターで固定スクリーンに投影する際に必要な台形補正機能に加えて、新たに幾何補正とエッジブレンディングの機能を内蔵。幾何補正機能は、投影面が曲面でも歪みの無い映像に補正することができる。エッジブレンディング機能は、複数台のプロジェクターを使用した際に、つなぎ目を感じさせない1つの映像を表示可能。

これらの商品を採用することで、小型でありながら高画質なポータブルプロジェクターの実現が可能になるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

[NAB2019]Sonyブース(動画)

NAB2019のSonyブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]Sonyプレスカンファレンス(動画)

NAB2019のSonyプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ソニー、NAB2019出展概要を発表。マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-5500」やIP Liveプロダクションシステムなどを展示

ソニーは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C11001)。 同社ブースは、「Powering ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、0.37型フルHD反射型液晶ディスプレイデバイスSXRDおよび専用信号処理駆動LSIを商品化