PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を発売

News

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を発売

2018-07-20 掲載

株式会社JAPANNEXTは、4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を2018年7月27日に発売する。希望小売価格は税込44,980円。

JN-IPS3200UHDRは、IPSタイプのAHVAパネルを採用しており、どんな角度からも色やコントラストの変化が起きにくいという。視野角は上下・左右それぞれ178°。4K UHD解像度対応とHDR機能で3840×2160ピクセルの作業領域を実現。複数のWebサイトの表示、フルHDの動画を楽しみながらSkypeやSNS用ソフト(アプリ)を同時に表示可能。画数ピッチは約0.18ミリまで密度を高め、32型ディスプレイでも137PPIの画素数の解像度を実現している。

60Hzのリフレッシュレートで30Hzに比べてなめらかな映像表現を実現。5msの応答速度は映像と画像を鮮やかに保つとしている。また、ブルーライト(青色光)をおさえるブルーライト低減機能を搭載。モニター画面の点滅をおさえるフリッカーフリー設計。HDMI2.0入力端子を2つ、DisplayPort端子を2つ搭載しており、PCをはじめブルーレイディスクプレーヤー、家庭用ゲーム機、デジタルビデオカメラなどを1本のケーブルで接続可能。

本体モニター部分の最薄部は9mmで幅8mmの狭額フレーム。LEDバックライト搭載の省エネ設計。主な仕様は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 商品名:JN-IPS3200UHDR
  • ディスプレイ(モニター)サイズ:32インチ
  • 外形サイズ:730×498×175ミリ
  • 重量:約6キロ
  • 応答速度:5ms
  • 視野角(上下/左右):178/178度
  • 画素ピッチ:0.1845(H)×0.1845(V)
  • 解像度:3840×2160ピクセル
  • 入力端子:HDMI2.0×2、DisplayPort×2

[ Category : ]
[ DATE : 2018-07-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

JAPANNEXT、強化ガラス仕様の86型4K液晶モニター「JN-IPS8600UHDR-KG」を発売

株式会社JAPANNEXTは、IPSパネルを採用した4K(3840×2160ピクセル)対応86型モニター「JN-IPS8600UHDR-KG」を7月4日に発売した。市場想定価格は税... 続きを読む

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

ソニー、有効540万画素のHDR撮影とLEDフリッカー抑制を同時に実現する車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX490」の商品化を発表

ソニーは、車載カメラ向けの1/1.55型有効540万画素CMOSイメージセンサー「IMX490」を商品化し、2019年3月からサンプル出荷を開始する。サンプル価格は税別15,000... 続きを読む

システムファイブで「HDRセミナー 第1回・入門編」が開催

株式会社システムファイブと株式会社リーンフェイズ、株式会社EIZOの3社は共同で、2018年11月30日(金)に「HDRセミナー 第1回・入門編」を開催する。会場は東京・半蔵門のP... 続きを読む

トップ > ニュース > JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を発売