PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄、12G-SDI入出力対応のルーティングスイッチャー「MFR-1000」を発売

News

朋栄、12G-SDI入出力対応のルーティングスイッチャー「MFR-1000」を発売

2018-08-28 掲載

株式会社朋栄は、12G-SDI入出力に標準対応し、標準で8入力×8出力のマトリクスを搭載したルーティングスイッチャー「MFR-1000」を2018年10月末に発売する。希望小売価格は税別70万円~。

MFR-1000は、全入出力で12G-SDIに標準対応し、中継車やイベントでの活用が可能な1Uサイズのルーティングスイッチャー。標準で8入力×8出力のマトリクスを搭載。入出力カードの追加搭載により、最大で16入力×16出力のマトリクス構成まで拡張可能。入出力は、12G/6G/3G/HD/SD-SDIおよびASIに対応しており、SDIの信号種を自動認識する。最大16系統の出力のうち8系統の出力に対して、AVDL機能を付加することも可能。引き込み範囲の映像が入力された場合の映像出力は、ノイズや黒フレームが入ることなくスムーズなスイッチングを実現しているという。

同社のルーティングスイッチャーMFRシリーズのコンセプトを継承しながら、小型ながらシステムの中核としての運用が可能になるルーティングスイッチャーとして、安定した運用ができるように配慮されており、電源ユニットの冗長化に対応するとともに、本体2台を使用したシステムの二重化にも対応している。

また、同一ネットワーク上にあるPCのブラウザを使用して、各種設定を行うことが可能。専用GUIを使用することで、オフライン環境でも設定を行うこともできる。他製品とのシステム連携にも対応しており、LANまたはシリアルポートに接続された外部制御機器と連携し、タリー連動やクロスポイント切り換えに合わせたソース名称の自動追従が可能だ。さらに、電源、ファン、CPUステータス、SDI信号の入出力有無、クロスポイントエラーなどの各種ステータスを監視するSNMP監視システムへの組み込みにも対応する。

MFR-1000を12G-SDI対応ビデオスイッチャーHVS-1200と組み合わせることで、コンパクトな4K/12G対応ビデオプロダクションシステムを構築することが可能だ。

なお、MFR-1000は、2018年9月14日から5日間、オランダのRAIアムステルダムで開催される欧州放送機器展「IBC 2018」の同社ブース(ホール2/ブースNo.A51)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-08-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、「ケーブル技術ショー2020 オンライン展示会」出展概要を発表

キャラクタージェネレーター「CG-Portable」 株式会社朋栄は、2020年7月1日~8月31日までの期間中、オンライン展示会として開催される「ケーブル技術ショー 2020」... 続きを読む

Dejero製品導入事例:米国人宇宙飛行士が搭乗するSpaceX打ち上げ報道の場合

株式会社朋栄の発表によると、同社が国内総販売代理店として活動しているDejero Labs Inc.は、技術提供会社のコンソーシアムに参加し、NASAおよび民間航空宇宙ベンチャーS... 続きを読む

InSync Technologyが英国Queen’s Enterprise Awardを受賞

株式会社朋栄は、英国InSync Technplogyが国際貿易部門で2020 Queen's Award for Enterprise (英国女王賞) を受賞したことを発表した。... 続きを読む

[再現NAB2020:朋栄]HDで最大16系統のIP入力を、4Kで最大4系統の入力をサポートするIPマルチビューワー「MV-1640IP」

朋栄のIPソリューションとして初となるIPマルチビューワー「MV-1640IP」 朋栄がNAB2020で展示予定だった新製品のSMPTE IP対応マルチビューワー「MV-16... 続きを読む

[InterBEE2019]朋栄ブース:12G-SDIだけでなく、IP関連ソリューションにも力を入れた展示

朋栄は「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をテーマに掲げ、12G-SDI/IP製品やHDR対応製品のほか、グラフィックス関連製品など... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄、12G-SDI入出力対応のルーティングスイッチャー「MFR-1000」を発売