PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:配給会社Multicom Entertainment Groupの場合

News

Blackmagic Design製品事例:配給会社Multicom Entertainment Groupの場合

2018-09-06 掲載

Blackmagic Designの発表によると、LAに拠点を置くインデペンデント配給会社のMulticom Entertainment Groupが、フィルム修復ワークフローの一環として、Cintel Scanner、DaVinci Resolve Studio、UltraStudio 4K、DaVinci Resolve Mini Panelを使用しているという。

Multicom Entertainment Groupは、1,500本以上の映画を所有しており、そのうち200本以上はフィルムである。専務取締役のアンドリュー・バリッツ氏は次のようにコメントしている。

バリッツ氏:弊社のワークフローを見ると、外部のポストハウスと提携するよりも、独自のポスト・ワークフローを構築する方が、時間およびコストの面で効率的であることは明らかでしょう。特に私たちのように大規模なライブラリを有している場合、HDやUHDのフィルムスキャンを外注すると、多大な時間と費用がかかります。

2017年の半ばにCintel Scannerを購入して以来、Multicom Entertainment Groupは20本以上の映画を修復してきた。これらの中には、アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー「ロング ウェイ ホーム 遥かなる故郷 イスラエル建国の道」、ホラー映画「恐怖のアルカトラズ/ヘル・デッド」、古典的物語「ピノキオ」、伝記ロマンス「草の上の月」が含まれており、「草の上の月」は、2018年9月にブルーレイの発売が予定されている。

バリッツ氏:Cintel Scannerを使って24本ほどの映画を修復してきました。そして現在も5本の映画を修復している最中です。多くの映画はリールを5本使用しており、リリースされた映画に加えて色参照用のオリジナルネガティブ(ON)を使用することもあるため、これまでにキャプチャしたリールは100~200本でしょうか。これは100TB近いRAWスキャンデータになります。

Multicom Entertainment Groupは、Cintel ScannerとCintel Audio and KeyKode Readerを併せて使用して35mmおよび16mmフィルムをスキャンし、その後DaVinci Resolve StudioおよびDaVinci Resolve Mini Panelを使用して修復作業を行っている。さらに、同社のチームはUltraStudio 4K、Teranex 2D Processor、複数のDeckLinkキャプチャーカードもワークフローの一環として使用している。

バリッツ氏:スキャンして編集ベイに移動した映画は、DaVinci Resolveを使ってカラーコレクション、グレイン除去、オーディオ抽出、スタビライゼーションを行います。

エディターのメニ・フィリップ氏は、10年前にベルリンで初めてDaVinci Resolve Studioを使用して以来、その使用感を“マッスルメモリーの訓練”と表現している。RGBなどのコントロールパネルのノブ、キーボード、カラーホイールなど、DaVinci Resolve StudioおよびDaVinci Resolve Mini Panelを多面的に使用することが、ワークフローの効率化につながったとフィリップ氏は語る。

フィリップ氏:パネルを使うことでスピーディかつ正確な操作が可能なので、マウスを使うことはほとんどありませんね。

フィリップ氏によると、このシステムではカラーコレクションやグレイン除去以上のことができるという。DaVinci Resolve Studioは、カラーをRGBと輝度に分離して別々にコントロール可能なので、映画の全体的なカラー修復をより精密にコントロールできるという。フィリップ氏は、この技術を駆使してグレーディングの問題を解決し、1982年制作の「CIA殺しの報酬」の修復作業を行った。

フィリップ氏:フィルムが色褪せてしまっていたとしても、DaVinci Resolve Studioを使うことで、高品質な結果が得られます。問題の多いフッテージでも、簡単に修復できます。

私たちはまた、Cintel Scannerを使って、スタビライゼーションやスキャンしたファイルのマスタリングも行っています。品質は素晴らしいですね。特にこの製品の価格を考えるとなおさらです。リアルタイムで作業できるので、非常にスピーディかつ効率的にスキャンして作品を即座に差し替えできます。

35mmのオリジナルネガティブ(ON)、インターポジティブ(IP)、インターネガティブ(IN)、そしてリリース版から、16mmのON、IP、IN、そしてA/Bプリントまで、様々なフィルムストックをスキャンしてきました。私たちが所有している映画は、様々な年代に様々なフォーマットで制作されたものです。自社内でプロ仕様の映画を柔軟にキャプチャできることにより、35mmで撮影できなかった過去の作品も蘇らせることができるのです。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8」を開催

Blackmagic Designは、2020年1月30日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8 Power to change every... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:サイバーメディアTVの場合

Blackmagic Designの発表によると、動画配信業務を請け負う株式会社サイバーメディアTVが、Blackmagic DesignのATEM Constellation 8... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:日本とカナダの連携のもと制作されたミニシリーズ「Into the Rising Sun」の場合

Blackmagic Designの発表によると、制作会社のEcho Bay Mediaが、日本とカナダの連携のもと制作されたミニシリーズ「Into the Rising Sun」... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:2019年秋のテレビ番組およびストリーミングシリーズの場合

Blackmagic Designの発表によると、「トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン」、「モダン・ファミリー」、「マダム・セクレタリー」を含む2019年秋の新番... 続きを読む

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K事例:ニュース配信サイト「Deadline Hollywood」の場合

Blackmagic Designの発表によると、エンターテインメント業界の最新ニュースを配信するサイトであるDeadline Hollywoodが、ビデオインタビューやリポートに... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:配給会社Multicom Entertainment Groupの場合