PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2018]ソニー、グローバルシャッター機能を搭載した2/3型3板式4Kイメージセンサー採用のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」など、…

News

[IBC2018]ソニー、グローバルシャッター機能を搭載した2/3型3板式4Kイメージセンサー採用のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」など、2機種を発表

2018-09-14 掲載

ソニーは、歪みの少ない高速撮影を実現するグローバルシャッター機能を備えた新開発の2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」と、新開発の2/3型3板式HDイメージセンサーにグローバルシャッター機能を搭載したHDポータブルカメラ「HDC-3100」、2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載したマルチパーパスカメラ「HDC-P50」を発表した。発売日、希望小売価格は以下の通り。

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」
発売日:2018年11月
希望小売価格:税別7,300,000円

HDポータブルカメラ「HDC-3100」
発売日:2018年11月
希望小売価格:税別3,000,000円

マルチパーパスカメラ「HDC-P50」
発売日:2019年3月
希望小売価格:税別3,400,000円

マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」

HDC-3500は、新開発のイメージセンサーとプロセッサーエンジンを搭載。イメージセンサーにはグローバルシャッター機能を搭載しており、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドの少ない映像表現が可能。カメラコントロールユニットは、HDCU-3100に加えて「HDCU-2000/2500/1700」と接続可能。ビューファインダーやリモートコントロールパネル、大型レンズアダプターHDLAシリーズなどの周辺機器は、従来製品をそのまま使用できる。HDCU-3100にオプションのST 2110インターフェースキット「HKCU-SFP30」をインストールすることで、IPシステムにも対応可能だ。

カメラコントロールユニット「HDCU-3100」に4Kプロセッサーボードオプションを取り付けることで、4K信号の出力が可能になる。また、4K HDRライブ制作ワークフロー“SR Live for HDR”ワークフローに対応しており、HD制作と同様のオペレーションで4K HDR/HD SDRの同時制作を実現している。また、カメラ後部のRET/ASSIGNABLEボタンを使って、3つのフォーカス位置を設定することができ、ビューファインダー上でフォーカス位置を視覚的に認識することができるため、フォーカス合わせが容易になる。

カメラナンバーを電子ペーパーで表示することが可能。システム設定を変更すると、自動的にカメラナンバーも変更される。数字だけでなくグラフィックス表示も可能で、カメラ電源がオフの際にも表示されるため、いつでも視認可能。また、カメラナンバーの横にタリーランプを搭載しており、サイドからもタリーランプが確認できる。

オプションのソフトウェア/ハードウェアをインストールすることで、様々なフォーマットやシステムに対応する。HDC-3500用オプションは以下の通り。

  • プログレッシブ対応ソフトウェア「HZC-PRV50」
  • PsFフォーマット対応ソトウェア「HZC-PSF50」
  • ユーザーガンマ/RGB4:4:4対応ソフトウェア「HZC-UG50」
  • 2倍速対応ソフトウェア「HZC-DFR50」
マルチパーパスカメラ「HDC-P50」

HDC-P50は、小型、軽量のコンパクトな筐体で、12G-SDI端子から4K信号を出力することが可能。カメラマンが入れない狭い場所、サッカーのゴール周りや、クレーンに設置して高所から撮影するなど、様々なアングルにて撮影することができ、スポーツの決定的瞬間を高画質に捉えるとしている。グローバルシャッター機能搭載、新開発の2/3型3板式4Kイメージセンサーにより、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドのない映像表現が可能。

HDポータブルカメラ「HDC-3100」

HDC-3100は、新開発の2/3型3板式HDイメージセンサーを採用し、感度F12、S/N 62dBを実現。イメージセンサーにはグローバルシャッター機能を搭載しており、ローリングシャッター歪みやフラッシュバンドの少ない映像表現が可能だとしている。HDC-3100用オプションは以下の通り。

  • ST-2110インターフェースキット「HKCU-SFP30」
  • シングルモードファイバーコネクターキット「HKCU-SM30」
  • 12G-SDIエクステンションキット「HKCU-SDI30」※2019年度発売予定
  • 4K/HDRプロセッサーボード「HKCU-UHD30」※2019年度発売予定

[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2018]ソニー、忠実な色再現と100万:1のコントラストを実現する31型4K液晶マスターモニター「BVM-HX310」を発表

ソニーは、4K(4096×2160ピクセル)液晶パネルを用いた31型のHDR対応マスターモニター「BVM-HX310」を2019年1月に発売する。希望小売価格は税別3,980,00... 続きを読む

[IBC2018]ソニー、IBC 2018出展概要を発表。4K/8K、HDR、IPライブ伝送など最新の映像制作ソリューションを出展

オランダ・アムステルダムで現地時間9月14日(金)に行われたIBCのソニーブースのプレス発表の様子 ソニーは、2018年9月14日~18日にオランダ・アムステルダムで開催され... 続きを読む

システムファイブ、「安心!簡単!小規模からはじめられる映像アーカイブシステム構築セミナー」の開催迫る!

株式会社システムファイブ主催の「安心!簡単!小規模からはじめられる映像アーカイブシステム構築セミナー」の開催日が2018年9月21日(金)に迫っている。会場は東京・半蔵門のPROG... 続きを読む

システムファイブ、「安心!簡単!小規模からはじめられる映像アーカイブシステム構築セミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2018年9月21日(金)に「安心!簡単!小規模からはじめられる映像アーカイブシステム構築セミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門... 続きを読む

スカパーJSAT、アストロデザイン、朋栄、ソニービジネスソリューションが、8K映像を2SI分割伝送でパブリックビューイングを実施

スカパーJSAT株式会社、アストロデザイン株式会社、株式会社朋栄、ソニービジネスソリューション株式会社は、4社共同で8K映像「そうかえん」(富士総合火力演習)を2SI分割し、現行の... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2018]ソニー、グローバルシャッター機能を搭載した2/3型3板式4Kイメージセンサー採用のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」など、2機種を発表