<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

News

[photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

2018-09-26 掲載

富士フイルム株式会社は、photokina2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8mm×32.9mm)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表した。

新たに開発した1億2百万画素の「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーを搭載し、同センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」、超高解像を可能にする「フジノンGFレンズ」、独自の色再現技術との組み合わせで緻密な描写を実現。

中判ミラーレスデジタルカメラとして初のセンサー全面に位相差画素を配置(カバー率約100%)したことで、フレーム内の被写体の位置にかかわらず、高速・高精度AFが可能。従来のコントラストAFでは難しかった動体追尾AFや、より精度の高いコンティニュアスAFが可能だとしている。また、「ボディ内手ブレ補正機構」を新たに開発。全ての交換レンズにおいて手ブレ補正が働くため、1億2百万画素の超高解像写真を手持ちで撮影できる領域を拡大。

高速読み出しを可能にする新開発のイメージセンサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」との組み合わせにより、4K動画(4K30p 10bit)の撮影が可能。多くのハイエンドシネマカメラに採用されているセンサーサイズよりも大型の中判サイズセンサーを搭載したことで、浅い被写界深度や広い階調再現性、高感度性能などを実現するとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

[CP+2019]富士フイルム、小型軽量ボディのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を発売

富士フイルムは、独自の色再現技術を実現した「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を2019年3月下旬より発売する。希望小売価格は... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表