PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

News

[photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

2018-09-26 掲載

富士フイルム株式会社は、photokina2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8mm×32.9mm)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表した。

新たに開発した1億2百万画素の「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーを搭載し、同センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」、超高解像を可能にする「フジノンGFレンズ」、独自の色再現技術との組み合わせで緻密な描写を実現。

中判ミラーレスデジタルカメラとして初のセンサー全面に位相差画素を配置(カバー率約100%)したことで、フレーム内の被写体の位置にかかわらず、高速・高精度AFが可能。従来のコントラストAFでは難しかった動体追尾AFや、より精度の高いコンティニュアスAFが可能だとしている。また、「ボディ内手ブレ補正機構」を新たに開発。全ての交換レンズにおいて手ブレ補正が働くため、1億2百万画素の超高解像写真を手持ちで撮影できる領域を拡大。

高速読み出しを可能にする新開発のイメージセンサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor 4」との組み合わせにより、4K動画(4K30p 10bit)の撮影が可能。多くのハイエンドシネマカメラに採用されているセンサーサイズよりも大型の中判サイズセンサーを搭載したことで、浅い被写界深度や広い階調再現性、高感度性能などを実現するとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、開放F値3.5、焦点距離50mmの標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」を発表

富士フイルム株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズGFレンズの新製品として、標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」(以... 続きを読む

富士フイルム、6.0段手ブレ補正機能と5倍ズームを備えた標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」を発表

富士フイルム株式会社は、同社のデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの新製品として6.0段手ブレ補正機能と5倍ズームを備えた「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS ... 続きを読む

富士フイルム、参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2019」を全国33会場で順次開催

富士フイルム株式会社は、2019年7月12日から11月10日の期間中「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2019」を全国33会場で順次開催する。7月12日から... 続きを読む

富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表

富士フイルム株式会社は、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下:アクロスII)」を新たに開発した。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売予定。 ... 続きを読む

富士フイルム、1億2百万画素のラージフォーマットセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」発売

高速・高精度AF、ボディ内手ブレ補正、4K動画撮影も可能なミラーレスデジタルカメラ登場 富士フイルムは、1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載したミラーレスデジタル... 続きを読む

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、1億2百万画素センサーのフラッグシップモデルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表