<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表

News

[photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表

2018-09-26 掲載

富士フイルム株式会社はphotokina 2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8×32.9mm)を搭載したレンジファインダースタイルの中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」(以下:GFX 50R)を発表。2018年11月発売予定。希望小売価格はオープン。

GFX 50Rは、35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、約1.7倍の面積を持つ中判サイズ「Gフォーマット」センサーを採用。5140万画素を実現。

画像処理エンジンには、APS-Cサイズセンサー搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」にも採用されている「X-Processor Pro」を採用。「フィルムシミュレーション」も搭載しており、「PROVIA」「Velvia」「ACROS」などのフィルムの色再現を楽しめる。

「GFX 50S」よりも約145g軽い775gの軽量ボディを実現。ボディの厚みも最薄部46mmと薄型化したことで、携帯性と収納性を高めたとしている。

右目でファインダーを覗きながら、左目で被写体を捉えられるレンジファインダースタイルを採用。電子ビューファインダー(EVF)には、ファインダー倍率0.77倍の高精細369万ドット有機ELパネルを採用。

23mm(35mm判換算:18mm)から350mm(35mm判換算:277mm)までの焦点距離をカバーする計11本のフジノン GFレンズのラインアップで、幅広いシーンに対応。また、すべてのフジノンGFレンズが、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現するとともに、プロ写真家の過酷な撮影現場での使用に耐えるため、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能も備えている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

[CP+2019]富士フイルム、小型軽量ボディのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を発売

富士フイルムは、独自の色再現技術を実現した「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を2019年3月下旬より発売する。希望小売価格は... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表