PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表

News

[photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表

2018-09-26 掲載

富士フイルム株式会社はphotokina 2018のプレスカンファレンスにて、35mmフルサイズイメージセンサーの約1.7倍となる大型イメージセンサー(43.8×32.9mm)を搭載したレンジファインダースタイルの中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」(以下:GFX 50R)を発表。2018年11月発売予定。希望小売価格はオープン。

GFX 50Rは、35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、約1.7倍の面積を持つ中判サイズ「Gフォーマット」センサーを採用。5140万画素を実現。

画像処理エンジンには、APS-Cサイズセンサー搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」にも採用されている「X-Processor Pro」を採用。「フィルムシミュレーション」も搭載しており、「PROVIA」「Velvia」「ACROS」などのフィルムの色再現を楽しめる。

「GFX 50S」よりも約145g軽い775gの軽量ボディを実現。ボディの厚みも最薄部46mmと薄型化したことで、携帯性と収納性を高めたとしている。

右目でファインダーを覗きながら、左目で被写体を捉えられるレンジファインダースタイルを採用。電子ビューファインダー(EVF)には、ファインダー倍率0.77倍の高精細369万ドット有機ELパネルを採用。

23mm(35mm判換算:18mm)から350mm(35mm判換算:277mm)までの焦点距離をカバーする計11本のフジノン GFレンズのラインアップで、幅広いシーンに対応。また、すべてのフジノンGFレンズが、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現するとともに、プロ写真家の過酷な撮影現場での使用に耐えるため、防塵・防滴・-10℃の耐低温性能も備えている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]Carl Zeissブース(動画)

NAB2019のCarl Zeissブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルムブース(動画)

NAB2019の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルム、NAB2019出展概要を発表。4K・8K映像に対応した放送用レンズやラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズなどを展示

※写真は昨年の様子 富士フイルムは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C7225)。 同社... 続きを読む

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、小型軽量ボディとシンプルな操作性を実現した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50R」を発表