<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターを発表。レンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能

News

[photokina2018]富士フイルム、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターを発表。レンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能

2018-09-26 掲載

富士フイルム株式会社は、本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能な、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターの開発を発表した。2019年に発売予定。

同プロジェクターは、フジノンレンズの光学技術を活かして新たに設計した「二軸回転機構レンズ」を搭載。レンズを上・下・前・後・左・右の向きに切り替えることができるため、本体を動かさずにさまざまな方向へ投写することが可能。壁やスクリーンのみならず、天井や床などにも映像を映し出すことができるほか、映像の向きを縦と横に簡単に切り替えることもできる。

縦置き時

超短焦点レンズとレーザー光源を搭載し、75cmの至近距離からでも100インチの大画面映像の投写が可能。また、縦置き・横置きの両方に対応しているため、利用環境にあわせて設置方法が選べる。コンパクト設計により、横置きの場合0.18m2、縦置きの場合0.05m2の設置スペースがあれば設置可能。

このほかにも、丸みを帯びたフォルムによるスマートな外観と、レンズ収納時にレンズとプロジェクター本体が長方形に収まるコンパクトなボディを実現している。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-09-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

[InterBEE2018]富士フイルムブース:8K・4K対応レンズやさまざまな方向に投射できるプロジェクターを国内初出展

富士フイルムブース動画 富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

トップ > ニュース > [photokina2018]富士フイルム、FUJINONレンズを搭載したプロジェクターを発表。レンズの回転だけでさまざまな方向へ投写可能