PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Lexhag Visual Effectsの場合

News

Blackmagic Design製品事例:Lexhag Visual Effectsの場合

2018-10-09 掲載

Blackmagic Designの発表によると、ロンドンに拠点を置くLexhag Visual Effectsが、Blackmagic Micro Studio Camera 4K、ATEM 2 M/E Production Studio 4K、DaVinci Resolve Studioを使用して、3Dトラッキング性能に対応した4ヘッド・カメラのソリューションを構築したという。

同システムでは、複数の視点からアクションを撮影することで、セットの空間情報を簡単に推定できるという。同システムは、Netflixのオリジナルドラマ「The Innocents」など、すでに複数のプロジェクトで使用されている。Lexhagのオーナーであるアレクシス・ハガー氏は次のようにコメントしている。

ハガー氏:ビジュアルエフェクトの専門家としては、セットから可能な限りの情報を得ることが必要不可欠です。そしてここで、このウィットネスカメラ・システムが登場するわけです。このシステムでキャプチャされたデータにより、ビジュアルエフェクト・アーティストたちは、3Dジオメトリをライブアクションにマッチムーブするために必要なフレーム単位の正確性を得られます。

複数ソースキャプチャーのロジスティクス管理のため、同システムでは、4台のMicro Studio Camera 4Kを使用。それぞれに高速プライムレンズを装着し、メインユニットのカメラと並べて配置している。これらのカメラからの映像は、ATEM 2 M/E Production Studio 4Kと4Kモニターを含む専用のPPU(周辺処理装置)へと送信される。

ハガー氏:Micro Studio Cameraは 非常に魅力的な価格で、コンパクトで拡張性の高い4Kキャプチャが可能です。まさに理想的なソリューションでした。

ATEMを使用して各カメラをゲンロックすることで、リアルタイムで信号を同期して、究極のコントロールを実現できたという。マッチムーブを実行する人にとっては、わずか半フレームの差も非常に大きいとハガー氏は言う。

ハガー氏:すべての動きを、ピクセル単位の正確性で3Dに変換する必要があるため、すべてのカメラアングルを同期させることは非常に重要なんです。幸いなことに、ATEMを使えばボタンを押すだけで同期が得られます。また、4台のカメラに1人ずつオペレーターを付けなくても、全システムを1人で操作できます。

撮影が終わると、このシステムで同期されたすべてのデイリーフッテージは、直接DaVinci Resolve Studioへと送信され、データ改変を経て、フレームベースのメディアシーケンスに最終出力される。

ハガー氏:DaVinci Resolveのマルチカムクリップ機能を使用することで、すべてのフッテージを並べて、すべてのアングルをリアルタイムで再生できます。ライブ編集で、ビジュアルエフェクトに最適な場面を反映させることも可能です。

ハガー氏:このシステムは非常にうまく機能しているので、今ではシステムの拡張も視野に入れています。より多くのカメラを使用すると、バーチャルリアリティ・アプリケーション用のボリューメトリック・キャプチャーにどう役立つか、などをテストしています。

誰もがこのような高度なテクノロジーを使用できる時代に生きていることは、とてもラッキーですね。私たちのようなコンテンツ制作者が、独自のオンセット・ソリューションを構築できるのは、Blackmagic Designのようなメーカーのおかげです。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:エプソン販売株式会社のオフィスエントランスの場合

Blackmagic Designの発表によると、ATEM 2 M/E Broadcast Studio 4K、Teranex Mini、Mini Converterが、JR新宿ミ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ロンドンのRed Bull Gaming Sphereの場合

Blackmagic Designの発表によると、ロンドンのRed Bull Gaming Sphereにおいて、URSA Mini Pro、Micro Studio Camera... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 15有償トレーニング「Giles Liveseyのクリエイティブカラーコース」を開催

ブラックマジックデザインは、2018年11月26日~28日の3日間、イギリス人カラリストのGiles Livesey氏を講師に迎え、カラーグレーディングの基礎からクリエイティブなル... 続きを読む

DaVinci Resolve事例:シンガポール映画「カトンプールでの最後の日」の場合

Blackmagic Designの発表によると、映画「カトンプールでの最後の日」のカラーグレーディングにDaVinci Resolveが使用されたという。HDRの同作は、先日、日... 続きを読む

URSA Mini Pro事例:長編ドキュメンタリー映画「太陽の塔」の場合

© 2018 映画「太陽の塔」製作委員会 Blackmagic Designの発表によると、長編ドキュメンタリー映画「太陽の塔」の撮影に、URSA Mini Pr... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Lexhag Visual Effectsの場合