PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > グラスバレー、デジタルレコーダー・プレーヤー「T2 4Kシリーズ」を発売

News

グラスバレー、デジタルレコーダー・プレーヤー「T2 4Kシリーズ」を発売

2018-10-22 掲載

グラスバレー株式会社は、デジタルレコーダー・プレーヤーの新シリーズである「T2 4Kシリーズ」を発売した。希望小売価格は2TB SSDの「T2 4K Elite」が税別2,680,000円、2TB HDDの「T2 4K Pro」が税別2,080,000円。

新しいT2は、4K DCI/4K UHD/1080pをサポートし、4Kフォーマットでは「1チャンネル収録」または「1チャンネル再生」が可能。HD/SDフォーマットでは「1チャンネル収録および2チャンネル再生」を同時に独立して行うことができるという。

T2 4Kシリーズは、VTRと同様のフロントパネル(ジョグ・シャトル、コントロールボタン、タッチスクリーン)を持ち、基本的な収録、再生、プレイリスト作成、コンテンツ管理などの操作はフロントパネルだけで可能。外部ディスプレイをつないでワークステーションモードにすれば、キーボードとマウスから直感的にT2を制御できる。また、グラスバレーのEDIUSターンキーを活用して、T2で収録中のクリップの時差編集可能で、コンテンツ作成の処理時間を短縮できるという。

グラスバレー株式会社Editing Systems バイスプレジデント&ジェネラルマネージャーの竹内克志氏は次のようにコメントしている。

竹内氏:T2は、メディアとテクノロジーのNo.1のデジタルレコーダー・プレーヤーとして、あらゆる制作環境のニーズを満たし、比類のない品質、柔軟性、信頼性を提供します。私たちが提供するソリューションは、日々変化および進化するお客様のニーズに対して、迅速に適応することを可能にします。

T2は様々なファイルフォーマットに対応しており、USB 3.0やCIFSおよびFTPを介して効果的にファイルベースワークフローに統合化できるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]グラスバレー、InterBEE2019出展概要を発表。リモート プロダクションや、EDIUSとRioの最新バージョンなどを展示

※写真は昨年の様子 グラスバレーは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール7/... 続きを読む

三友とグラスバレー、Rio 4Kターンキーの新製品発表会を開催

三友株式会社とグラスバレー株式会社は共同で、2019年10月11日にRio 4K ターンキー新製品発表会を開催する。会場はグラスバレー日本橋オフィス。同発表会では、IBC2019で... 続きを読む

Grass Valley製品事例:ロンドンのポストプロダクション「The Look」の場合

Grass Valleyの発表によると、英国ロンドンに拠点をおくポストプロダクションのThe Lookは、今後増加する4K・8K制作に対応するため、所有するRioを最新バージョン4... 続きを読む

グラスバレー、「IPライブ ソリューション展」開催。システムカメラ「LDX 86N」やリプレイシステム、プロダクションスイッチャーなどライブ制作機器を展示

グラスバレー株式会社は、2019年8月1日~2日の2日間、東京・日本橋の日本橋オフィスでSMPTE ST 2110のVoIPを使用した「IPライブ ソリューション展」を開催した。同... 続きを読む

グラスバレー、「EDIUS 9」のv9.40b5106アップデーターを公開

グラスバレー株式会社は、ノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 9の最新アップデーターv9.40b5106をリリースした。最新バージョンは同社Webページにて無償でダウンロード... 続きを読む

トップ > ニュース > グラスバレー、デジタルレコーダー・プレーヤー「T2 4Kシリーズ」を発売