PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2018]JVC、InterBEE 2018の出展概要を発表。”CONNECTED CAM”の第2弾となる「GY-HC500」シリーズを国内初…

News

[InterBEE2018]JVC、InterBEE 2018の出展概要を発表。”CONNECTED CAM”の第2弾となる「GY-HC500」シリーズを国内初公開

2018-10-24 掲載

※写真は昨年の様子

株式会社JVCケンウッドは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」に出展する(ホール7/No.7613)。

同社ブースでは、”高画質、高品質でつながる”をコンセプトとした”CONNECTED CAM”の第2弾となる、4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC500」シリーズを国内初公開するとともに、映像制作商品のシステムアップにより、取材やスポーツ・イベント撮影などの映像制作を中・小規模かつ省コストで実現するさまざまな撮影・伝送・配信ソリューションを展示予定。詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1.”CONNECTED CAM”を核としたIPライブ伝送・配信ソリューション
近年のITシステムやインターネット環境の進化に伴うライトアセットな映像制作へのニーズに対応する、”CONNECTED CAM”第二弾となる4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC500」シリーズをはじめ、IPへの接続性を進化させた、さまざまな映像伝送・配信ソリューションを提案します。当社が提案する“高画質、高品質でつながる”CONNECTEDCAM“の次世代ソリューションを体験いただきます。

1)”CONNECTED CAM”4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC500」シリーズ(国内初公開)
機動性に優れ4K/60pの映像制作に対応した、”CONNECTED CAM”第二弾となる4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC550」「GY-HC500」を国内で初めて公開します。さまざまなネットワーク環境に柔軟に対応するIP性能を継承しながら、4K/60pの高画質記録用にApple ProRes 422コーデックに標準で対応。また、同時発売の専用SSDメディアアダプター「KA-MC100」を使用することでSSDメディアへの記録も可能です。

2)IPライブ伝送・配信システム(参考出品)
IPライブ伝送システムとして、peplink社とのコラボレーションにより商品化したドッカブル型IP伝送中継機「SFE-CAM-VM-LTEA」を参考展示します。複数のLTE回線を束ねて伝送するボンディング技術により信頼性と転送レートを高め、取材現場と放送局間の安定したIP伝送回線を確保します。「GY-HC900/HC550/HM850」に接続でき、優れた機動性でライブ伝送を実現します。

3)“CONNECTED CAM”HDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」
IPへの接続性を進化させた”CONNECTED CAM”第一弾商品である、ハイエンド向け2/3型フルHDCMOSセンサー搭載のHDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」を展示。ドッカブル型IP伝送中継機と組み合わせ、ネットワークの同一回線上で、番組映像・音声を同時に受信する双方向のライブストリーミングをデモンストレーションします。取材現場と放送局間との連携ミスを防ぎ、コミュニケーションの一体化を提案します。

2.4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HM175」(新商品)
業務用4Kカメラレコーダーの新商品「GY-HM175」を展示します。本機は、小型ハンドヘルドタイプのエントリーモデルながら、映像制作に特化。F1.2光学12倍ズームレンズと、1240万画素1/2.3型CMOSセンサーを搭載し、高精細記録と低照度下でもノイズの少ない高精細記録を実現します。また、1枚のSDHC/SDXCカードに、4K高解像度(3840×2160画素)で24/25/30pの記録・再生が可能なのに加え、MOV/AVCHDの各ファイルフォーマットへの対応や、H.264コーデックで4K撮影時150Mbps、HD撮影時50Mbps4:2:2のハイビットレート高画質収録にも対応しています。

3.ライブプロダクションシステム「streamstarX series」「SCOREPLUSSERVER」
スポーツやライブイベントなどの中継用に、中小規模なシステムでライブ制作とストリーミング配信を可能にするstreamstar社製「streamstarX series」「SCOREPLUSSERVER」を展示します。遠隔地にある複数の当社製カメラレコーダー※をリモート操作することにより、撮影クルーおよび機材のミニマイズが可能となります。また、複数のPTZカメラをあらかじめ登録した位置に、ワンクリックで一斉にプリセット移動させるグルーピング機能を新たに追加し、オペレーターの工数を軽減します。さらに、同一ネットワーク上のカメラが自動的にリストアップされ、カメラのIPアドレスの入力が必要ないZeroConfig機能を搭載。当社製カメラレコーダーシリーズとの高い親和性を体験いただきます。

※:対応機種「KY-PZ100/GY-HM250/HM200/HM660/HM850/HC900」(2018年10月24日現在)。

[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:JVCケンウッド]カメララインアップの拡大や、IP映像制作に向けた新たなソリューションを展示

JVCケンウッドブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.07(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Panasonicブース、JVCケンウッドブース、Grass Valleyブースからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2019]JVCケンウッドブース(動画)

NAB2019のJVCエンウッドブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]JVC、NAB2019出展概要を発表。「CONNECTED CAM」の進化と拡大をテーマに、IP映像制作に向けた新たなソリューションを提案

※写真は昨年の様子 株式会社JVCケンウッドは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C4415)。... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2018]JVC、InterBEE 2018の出展概要を発表。”CONNECTED CAM”の第2弾となる「GY-HC500」シリーズを国内初公開