PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2018]パナソニック、世界初となる8K有機センサーを搭載した8Kカメラシステムの開発を発表

News

[InterBEE2018]パナソニック、世界初となる8K有機センサーを搭載した8Kカメラシステムの開発を発表

2018-10-26 掲載

パナソニックは、8K有機センサーを搭載した8Kカメラシステムの開発を発表した。2019年秋の発売を予定している。価格は未定。

8Kマルチパーパスカメラ「AK-SHB810」は、PLレンズマウントを採用した小型軽量のボックスタイプカメラ。8K有機センサーを搭載している。有機薄膜を光電変換部に用いた積層構造により、効率的な光電変換と電荷蓄積を両立。8Kの高解像度で明暗差に対応する広ダイナミックレンジ、スキュー歪やフラッシュバンドのないグローバルシャッター、電子NDフィルター機能を搭載している。

カメラユニットと光ファイバーケーブルで接続するイメージプロセッシングユニット「AK-SHU810」からは、8K/4K/HDの映像出力が可能。従来以上に高画質な8K映像と小型軽量なマルチパーパスカメラの汎用性により、放送と映像制作の幅広い用途に対応するとしている。

なお、同開発機は2018年11月14日~16日に幕張メッセにて開催される放送機器展「InterBEE 2018」の同社ブース(ホール5/5408)にて展示予定。

8Kカメラヘッドとコントロールユニットは12G-SDIを4本使って接続していたが、今後は光ファイバーケーブル接続になるという PLレンズマウントを採用。開発機はleitz CineのSummicron-C 50mmを搭載していた 上が8K/4K/HDの映像出力が可能なイメージプロセッシングユニット「AK-SHU810」。下は12G to 3G Converterで3G-SDIで、8Kモニターに出力する 8K有機カメラだけでなく、8K録再生機や8Kモニターを組み合わせた再生のデモも行われていた


[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、東京・銀座にショールームとギャラリーを設置した「LUMIX GINZA TOKYO」をオープン

常設のギャラリー&ショールーム「LUMIX GINZA TOKYO」をオープン パナソニックは、東京・銀座にデジタルカメラLUMIXブランドのショールームとギャラリーを設置し... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.07(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Panasonicブース、JVCケンウッドブース、Grass Valleyブースからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2019]Panasonicブース(動画)

NAB2019のPanasonicブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Panasonic]8K映像から最大4枠のHD映像を切り出す8K ROIカメラシステムや、4K/IPスイッチャーシステムLPSを展示

Panasonicブース動画 ■ブースツアー ■ブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した3... 続きを読む

[NAB2019]Panasonicブースツアー(動画)

NAB2019のPanasonicブースツアー動画です。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2018]パナソニック、世界初となる8K有機センサーを搭載した8Kカメラシステムの開発を発表