PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追…

News

キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追加

2018-10-30 掲載

キヤノンは、同社のデジタルシネマカメラ「EOS C200」「EOS C200B」用のファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開した。

同アップデートには、常時記録機能の追加や、新レンズ対応 (CN-E20mm T1.5 L F、EF70-200mm F4L IS II USM)、新PQ露出基準(ガイドライン)への正式対応、リール番号に「オートリセット」機能の追加、アサインボタンで切り替えたWB設定のバックアップ動作改善、一部のファームウェアにおいて、特定のメニュー設定で撮影する際の解像感が低下する現象の修正などが含まれている。また、2018年12月公開予定のLUTも同時に公開している。アップデート方法の詳細およびデータのダウンロードは同社Webページより。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、ポップアップ式EVFを採用した「PowerShot G5 X Mark II」を発売

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ポップアップ式のEVF(電子ビューファインダー)を採用した「PowerShot G5 X Mark II」を2019... 続きを読む

キヤノン、光学10倍の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を発売

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、広角24mmから望遠240mmまでカバーする高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を201... 続きを読む

キヤノン、ライブ配信サービスに対応した「PowerShot G7 X Mark III」を発売。4K動画や縦位置動画にも対応

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ライブ配信サービスに対応した「PowerShot G7 X Mark III」を2019年8月上旬に発売する。希望小... 続きを読む

キヤノン、話題のシネマプライムレンズを国内初展示「Sumire Prime内覧会」開催

txt・構成:編集部 人物描写が柔らかく浮き上がるように見えるSumire Prime キヤノンは6月25日~26日の2日間、同社港南事業所で今年4月に発表したSumi... 続きを読む

大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2 L USM」の発売日が決定

キヤノンは、大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2 L USM」の発売日が2019年6月20日に決まったことを発表した。以前、発売日を2019年6月下旬と発表していたもの... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追加