PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追…

News

キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追加

2018-10-30 掲載

キヤノンは、同社のデジタルシネマカメラ「EOS C200」「EOS C200B」用のファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開した。

同アップデートには、常時記録機能の追加や、新レンズ対応 (CN-E20mm T1.5 L F、EF70-200mm F4L IS II USM)、新PQ露出基準(ガイドライン)への正式対応、リール番号に「オートリセット」機能の追加、アサインボタンで切り替えたWB設定のバックアップ動作改善、一部のファームウェアにおいて、特定のメニュー設定で撮影する際の解像感が低下する現象の修正などが含まれている。また、2018年12月公開予定のLUTも同時に公開している。アップデート方法の詳細およびデータのダウンロードは同社Webページより。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-10-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を発表

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を新たに展開し、同シリーズ7機種を2019年6月上旬より順次発売する。希望小... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、1.0型CMOSセンサーと光学15倍ズームレンズを搭載した4K撮影が可能な業務用ビデオカメラ「XA55」を発表

キヤノンは、業務用4Kビデオカメラの新製品として、1.0型CMOSセンサー搭載で4K/30P映像を撮影可能な「XA55」を2019年6月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C200/C200B」用ファームウェアVersion 1.0.5.1.00を公開。常時記録機能や周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追加