PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > TVLogic、WOWOWのIS事業を譲受

News

TVLogic、WOWOWのIS事業を譲受

2018-11-02 掲載

TVLogicは、2018年11月1日に、WOWOWよりIS事業(IS-miniX、WonderLookPro)の事業譲渡を受けたことを発表した。TVLogicは今後、両製品を進化発展させていくとともに、TVLogic製モニターとの連携・融合や、IS製品の技術を活用した新しい商品開発など、幅広くソリューションを提供していくとしている。なお、現行製品のIS-mini、IS-miniX、WonderLookProの販売、サポートは、同社代理店を通して従来通り継続する予定だ。

WonderLookPro V4.0リリースについて

2018年11月1日に、WonderLookPro v4.0をリリースした。WOWOW版WonderLookPro正規ユーザーが同バージョンを利用するためには、WOWOWからTVLogicにライセンス情報を移管する必要がある。移管の手順は同社Webページを参照してほしい。

IS-mini、IS-miniXについて

WonderLookProのBronzeライセンス(Standardライセンス相当)の無償提供を開始した。TVLogic版WonderLookPro v4.0では、IS-mini、IS-miniXユーザーに、Bronzeライセンスへの自動アップグレードを提供している。

また、事業譲渡のタイミングにおいて、IS-miniX、WonderLookProとも、大幅な価格改訂を行う。改定後の価格は以下の通り。

IS-miniX:旧価格144,000円→新価格99,000円

WonderLookPro Standard License初年度:旧価格40,000円→新価格30,000円

WonderLookPro Standard License2年目以降:旧価格40,000円→新価格6,000円

TVLogicは4K対応のIS-mini「IS-mini4K」をWOWOW社と共同開発してきたが、今回の事業譲渡を受け、単独で開発を継続し、年内には12G入出力対応のIS-mini4Kを出荷する予定だという(価格は20~25万円となる見込み)。IS-mini4Kのプロトタイプは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」のIDXブース(ホール8/No.8314)にて展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「WonderLookProで学ぶ色管理・色変換技術~映像の「色」について理解を深めよう~」を開催

株式会社システムファイブは、2018年6月26日(火)に「WonderLookProで学ぶ色管理・色変換技術~映像の「色」について理解を深めよう~」を開催する。会場は東京・半蔵門の... 続きを読む

システムファイブ、セミナー「IS-miniXとWonderLookProではじめるオンセットカラーグレーディング」を開催

株式会社システムファイブは、2018年4月24日(火)にセミナー「IS-miniXとWonderLookProではじめるオンセットカラーグレーディング」を開催する。会場は東京・半蔵... 続きを読む

WOWOWエンタテインメント、フレームメモリ機能などを搭載した「IS-miniX」を発売

WOWOWエンタテインメント株式会社は、カラーマネージメントツール「IS-mini」の色処理機能はそのままに、フレームメモリを搭載し、フレーム画像やアンシラリを活用した様々な機能拡... 続きを読む

WOWOWエンタテインメント、IS-mini/IS-miniX4台分の機能を1Uラック筐体に格納した「IS-miniX Rack4K」を発売

WOWOWエンタテインメント株式会社は、同社のIS-mini/IS-miniXの4台分の機能を1Uラック筐体に凝縮した「IS-miniX Rack4K」を発売開始した。希望小売価格... 続きを読む

WOWOW、富士フイルムのIS事業を譲受

株式会社WOWOWは、富士フイルム株式会社と合意し、2016年9月9日付けで同社が保有していたカラーマネジメントシステム(Image Processing System 以下:IS... 続きを読む

トップ > ニュース > TVLogic、WOWOWのIS事業を譲受