PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2018]富士フイルム、INTER BEE CREATIVE MEET-UPにブースを出展。FUJINONレンズを搭載した新開発プロジェクター…

News

[InterBEE2018]富士フイルム、INTER BEE CREATIVE MEET-UPにブースを出展。FUJINONレンズを搭載した新開発プロジェクターを展示

2018-11-08 掲載

FUJINONレンズを搭載した新開発のプロジェクター

富士フイルムは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」の会場内に設置される、様々なジャンルのクリエイターが集い、会い、ネットワークを拡げ、新しい何かを生みだすための場「INTER BEE CREATIVE MEET-UP」(ホール8)に出展する。

同社のMeet-upブースでは、9月のPhotokinaで開発発表を行った新開発プロジェクターのモックアップを展示。ブースでは暗室シアター内にプロジェクターを設置するため、本体サイズ感を見るにはMeet-upブースが最適だとしている。

また、同社のメインブース(ホール2/ブースNo.2116)では、同プロジェクターを3台並べての特設シアターや、さまざまな方向への投射が体験出来るコーナーが設けられる。同社Webサイトから事前来場登録し、プロジェクターコーナーを観に行くと、来場者特典としてオリジナルトートバッグがもらえる。是非同社ブースでその迫力ある映像を体感いただきたい。

Inter BEE 2018 富士フイルムブース(ホール2/ブースNo.2116)
4K/8K対応レンズや、レンズの回転だけでさまざまな方向に投射可能なプロジェクターを国内初出展!


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2018]富士フイルム、INTER BEE CREATIVE MEET-UPにブースを出展。FUJINONレンズを搭載した新開発プロジェクターを展示