PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」の場合

News

Blackmagic Design製品事例:Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」の場合

2018-11-09 掲載

Blackmagic Designの発表によると、グラミー賞にノミネートされた米国のロックバンド、Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」のライブ制作ワークフローがアップグレードされ、Blackmagic DesignのPocket Cinema Camera 4K、URSA Broadcast、ATEM Camera Control Panelが追加されたという。また、同ツアーでは、他のBlackmagic Design製品によるオーディオビジュアル・ワークフローも使用されている。

2005年にヒットシングル「Sugar, We’re Goin Down」でシーンに登場したFall Out Boyは、その後も「Dance, Dance」、「Centuries」、「Uma Thurman」などのヒットソングでチャートを賑わしている。今年、彼らは最新アルバム「MANIA」を発表。そして今月、Machine Gun Kellyや他のアーティストをオープニングアクトに据えたMANIAツアーの第2レグおよび最終レグを行なった。

シカゴの制作デザイン会社So Midwest, Inc.の制作デザイナーであるロブ・ジブソン氏と、制作・技術ソリューションを提供するVERのツアー映像監督、パトリック・イートン氏は、2017年に始まったMANIAツアーを完全なBlackmagic Designセットアップで行い、2018年にPocket Cinema Camera 4Kを1台、URSA Broadcastカメラを5台、ATEM Camera Control Panelを1台、Blackmagic Camera Fiber ConverterおよびBlackmagic Studio Fiber Converterを5台ずつ追加した。

Pocket Cinema Camera 4Kは、ステージ前方からのワイドアングルを撮影するために使用された。ジブソン氏はBlackmagic Video Assist 4Kモニター/レコーダーも使用して、各公演を最初から最後まで収録し、公演後にバンドのメンバーと映像を確認した。URSA Broadcastは、各会場の上部にセットアップされ、ステージを様々な角度から撮影するために使用された。制作チームは、同カメラでの撮影にURSA Studio ViewfinderおよびURSA Viewfinderも使用した。Blackmagic Camera Fiber ConverterとBlackmagic Studio Fiber Converterは、URSA Broadcastを舞台裏の作業ラックに接続するために使用された。

ジブソン氏:Blackmagic Designのおかげで、カメラとイメージセンサーを使用する様々な作業が可能になっています。

Pocket Cinema Camera 4Kは、コンサート会場の変化し続ける照明の中で、驚きの性能を発揮しています。URSA Broadcastカメラは、ツアー制作で馴染みやすいコントロールの使用を可能にします。Blackmagic Designのイメージセンサーを、従来のENGカメラより75パーセントも小さい便利なパッケージで使用できます。これは、観客席からステージへの視覚的な問題や、チケットの販売において重要な要素であり、最終的な収益にも大きく影響します。

URSA Broadcastに加え、同ワークフローには他のBlackmagic Design製品も含まれている。例えば、主観ショット用にステージ上や中央のウォークウェイに設置された10台のMicro Studio Camera。これらのカメラからの映像は全てATEMスイッチャーシステムに送信され、次にコンテンツやライブ生成されるエフェクトを追加するために、作業ラックの2台のMac Proへと送信された。その後、Teranex AVへと送信され、2160pのフィードがLEDスクリーンプロセッサー用に1080pに変換された。ATEM Camera Control Panelは、5台のURSA Broadcastカメラと10台のMicro Studio Camera 4Kを舞台裏からコントロールするために使用された。また、同ツアーのライブスイッチング、モニタリング、ルーティングには、Blackmagic DesignのATEM 2 M/E Broadcast Studio 4K、MultiView 16、Smart Videohub CleanSwitch 12×12ルーターが使用されたという。

ジブソン氏:ATEM Camera Control Panelによって、URSAカメラで馴染みやすいコントロールを使用できました。これにより、ツアー映像エンジニアのニック・ウェスト氏がアイリスとボラックポイントをコントロールし、制作チームのカメラマンたちはショットの構図に集中できました。

各カメラがATEMファミリーとシームレスに繋がり、わずか4分の1のスペースで全てをコントロールできました。

ジブソン氏:URSA Broadcast、ATEM Camera Control Panel、5台のファイバーコンバーターの組み合わせは、このツアーに最適でした。私たちのセットアップを効率化する上で大きく役立ちましたね。URSA Broadcastはダイナミックレンジが非常に広いです。ATEM Camera Control Panelは可搬性が高く、使用も簡単でパワフルです。また、Pocket Cinema Camera 4KとMicro Studio Camera 4Kは小さくて目立たないながらも、素晴らしいイメージを提供してくれます。今回のツアーは、私たちにとって最もダイナミックで、最も映画的なイメージのツアーとなりました。Blackmagic Designの製品に感謝しています!


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2018]ブラックマジックデザイン、「Blackmagic Audio Monitor 12G」を発表

ラック一番下に設置されているのがlackmagic Audio Monitor 12G Blackmagic Designは、ラックマウント型オーディオモニタリングソリューシ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:映画「ジ・オース」の場合

Courtesy of Topic Studios and Roadside Attractions Blackmagic Designの発表によると、映画「ジ・オース」の撮... 続きを読む

[InterBEE2018]ブラックマジックデザイン、InterBEE 2018にてDaVinci Resolve 15、Pocket Cinema Camera 4Kの作品事例を用いたデモンストレーションを開催

※写真は昨年の様子 ブラックマジックデザインは、2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」の同社ブー... 続きを読む

システムファイブ、「Blackmagic Design 2Days Event 2018 Autumn」を開催

株式会社システムファイブは、2018年11月6日(火)~7日(水)の2日間、ブラックマジックデザイン株式会社と共同で製品別説明&体験会を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、AMD Radeon RX Vega 56を搭載した外付けグラフィックプロセッサー「Blackmagic eGPU Pro」を発表

Blackmagic Designは、AMD Radeon RX Vega 56を搭載した外付けグラフィックプロセッサー「Blackmagic eGPU Pro」を発表した。希望小... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Fall Out Boyの世界ツアー「MANIA」の場合