PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2018]グラスバレー、Rioの最新バージョンv4.5.3を公開

News

[InterBEE2018]グラスバレー、Rioの最新バージョンv4.5.3を公開

2018-11-14 掲載

グラスバレー株式会社は、Rioの最新バージョンv4.5.3をリリースした。Rio v4.5.3は、Dolby Vision対応などの新機能を多数搭載している。Rio v4.5.3の主な新機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • Dolby Vision:Dolby CMUボックスを使用することにより、複数のディスプレイデバイス用にタイムライントリムパスを簡単に作成でき、すべての情報を1つのXMLに保存することが可能になりました。また、Neoパネルから全てのパラメータを制御することで長いタイムラインのプロジェクトでワークフローが高速化されます。
  • 圧縮コーデック:Rioの内部ストレージに新しい圧縮モードを追加しました。VC-2をベースにしたこのコーデックにより、標準の非圧縮モードに加え、2:1から6:1に映像を圧縮して素材を管理することができます。圧縮モードを選択し、映像がストレージに圧縮されると、映像素材は以降のレンダリングにおいて実質的にロスレスとなり、ユーザは選択した同じ圧縮率で追加のメディアを保存できるようになりますので、同じストレージ容量で管理できる素材の時間分は2〜6倍に増加します。
  • Canon V2.2 SDKアップデート:BT.2020 HLGカラースペース・ガンマカーブ・リサイズ・ディベイヤーモード、およびカメラ名の表示が追加されました。

また、これらの主な新機能に加え、Alchemistの速度変換アルゴリズムも更新され、安定性がさらに向上しました。

なお、最新版のRioは、2018年11月14日~16日に幕張メッセにて開催中の「Inter BEE 2018」の同社ブース(ホール3/No.3506)にて展示されている。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Grass Valley製品事例:ロンドンのポストプロダクション「The Look」の場合

Grass Valleyの発表によると、英国ロンドンに拠点をおくポストプロダクションのThe Lookは、今後増加する4K・8K制作に対応するため、所有するRioを最新バージョン4... 続きを読む

グラスバレー、「IPライブ ソリューション展」開催。システムカメラ「LDX 86N」やリプレイシステム、プロダクションスイッチャーなどライブ制作機器を展示

グラスバレー株式会社は、2019年8月1日~2日の2日間、東京・日本橋の日本橋オフィスでSMPTE ST 2110のVoIPを使用した「IPライブ ソリューション展」を開催した。同... 続きを読む

グラスバレー、「EDIUS 9」のv9.40b5106アップデーターを公開

グラスバレー株式会社は、ノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 9の最新アップデーターv9.40b5106をリリースした。最新バージョンは同社Webページにて無償でダウンロード... 続きを読む

グラスバレー、8Kノンリニアビデオ編集ターンキー「HDWS 8K」の新シリーズ2機種を発表

グラスバレー株式会社は、8K素材のリアルタイムネイティブ編集を可能とするノンリニアビデオ編集ターンキーシステムHDWS 8Kの新シリーズとして、「HDWS 8K Elite」と「H... 続きを読む

グラスバレー、「EDIUS 9」の最新バージョン9.4をリリース

グラスバレー株式会社は、ノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUS 9の最新バージョン9.4をリリースした。最新バージョンは同社Webページにて無償でダウンロード可能。主な新機能は... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2018]グラスバレー、Rioの最新バージョンv4.5.3を公開