PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「XF705」の発売日が決定

News

キヤノン、「XF705」の発売日が決定

2018-11-14 掲載

キヤノンは、同社の業務用4Kビデオカメラ「XF705」の発売日が2018年11月29日に決まったことを発表した。以前、発売日を2018年11月下旬と発表していたもの。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売予定価格は税別778,000円。

XF705は、同社の業務用ビデオカメラ「XF」シリーズのフラッグシップモデル。L(Luxury)レンズ、1.0型CMOSセンサー、映像処理プラットフォーム「デュアルDIGIC DV 6」により、4K60P 4:2:2 10bit HDR映像が撮影可能。また、従来機種「XF305」に比べ、S/N比が10dB向上。最低被写体照度は1.5luxと、低ノイズ、高感度を実現しているという。

レンズ部には、蛍石と同等の光学性能を持つスーパーUDレンズなどの特殊光学材料を採用。4K(3840×2160)対応の光学性能を実現しながら、焦点距離25.5~382.5mmの光学15倍ズームを実現。専用のワイドアタッチメントWA-U58やテレコンバーターTL-U58との組み合わせによりさらに広い焦点距離をカバー可能。

HLG(Hybrid Log-Gamma)とPQ(Perceptual Quantization)の2つのHDR方式を用途に応じて選択可能。SDカードにHDR映像を記録できるようにするため、画質を維持しながらデータの高圧縮が可能なキヤノン独自の新ビデオフォーマット「XF-HEVC」を開発、搭載している。フルHDでの撮影時、最大120fps(0.2倍)のスローモーション記録に対応。同社の業務用ビデオカメラXFシリーズで初めてCanon Log 3に対応している。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を発表

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を新たに展開し、同シリーズ7機種を2019年6月上旬より順次発売する。希望小... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、1.0型CMOSセンサーと光学15倍ズームレンズを搭載した4K撮影が可能な業務用ビデオカメラ「XA55」を発表

キヤノンは、業務用4Kビデオカメラの新製品として、1.0型CMOSセンサー搭載で4K/30P映像を撮影可能な「XA55」を2019年6月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「XF705」の発売日が決定