PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]日本サムスンブース:Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kとベストマッチの外付けSSD「Samsung…
Special

[InterBEE2018]日本サムスンブース:Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kとベストマッチの外付けSSD「Samsung Portable SSD T5」を展示

2018-11-15 掲載

日本サムスンブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

■デザインと性能、コストパフォーマンスに優れた「Samsung Portable SSD T5」

一押しはポータブルSSDの「Samsung Portable SSD T5」。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは外付けSSDにも直接録画に対応するシネマカメラ。ブースでは、外付けSSDとBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを組み合わせたデモを行っていた。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの収録メディアはUHS-IIカードとCFast 2.0に対応しているが、コストの問題で大容量メディアカードをなかなか用意できない。CFast 128GBを使った場合でも4K DCIの30PのCinemaDNG RAWで収録時間は7分までと長くない。そこで、Samsung Portable SSDの最大2TBのモデルに注目で、ディスクチェンジなしの挿しっぱなしで117分の撮影が可能になる。Pocket Cinema Camera 4Kユーザーには必須のストレージとなっている。

値段もCFastが128GBで約2万円前後に対して、Samsung Portable SSD T5は2TBで7万円弱とコストパフォーマンスにも優れている。2TBをほかのメーカーでラインナップしているところは少ないうえに、撮った後のそのままUSBでパソコンと接続してUSB3.1 Gen2で高速にコピーできるのもポイントだ。

Pocket Cinema Camera 4Kは、250MB/sぐらいの安定的な速度が出るSSDであればどんなメーカーのSSDでも外付け記録が可能であろう。しかし、サムスンのT5はデザイン性を含めてPocket Cinema Camera 4Kとマッチした組み合わせとなっている。

展示機のPocket Cinema Camera 4KとSamsung Portable SSD T5の組み合わせにエツミのスマホホルダーを使用。T5がBlackmagic Design純正のSSDのようにも見えてしまう。

日本サムスンブースは、エツミのスマホホルダーをセットにしたパッケージを参考出展。InterBEEの展示の反応をみて、製品化に取り掛かる予定だという。

■ハードディスクの10倍以上の速度を実現する「Samsung Portable SSD X5」

「Samsung Portable SSD X5」は、Thunderbolt 3のストレージ。Samsung Portable SSD X5は外付けUSB接続よりも、より高速な転送速度を特長としている。読み取り速度は2800MB/s、1TBや2TBモデルで2,300MB/秒で書き込みが可能。

他社SSDメーカーでは読み取り速度を公表して、書き込み速度を公表しないところもあるが、サムスンは読み込み、書き込みを公表している。このあたりはSSD自体も高速で、自社ですべてチューニングをしてThunderbolt 3の帯域をうまく活かせているのも特長といえるだろう。

ただし、転送が高速になると発熱によって本体が70°と高温になるため、意図的にヒートシンクを入れて表面温度を40°前半までになる熱設計を入れている。その結果、T5よりも大き目の筐体となっている。

ブースでは、95GBの8Kの動画を使ってハードディスクにコピーしたテストを公表。ハードディスクでは約1,000秒かかったものが、USBのT5だと約250秒。X5のThunderbolt 3になると100秒以下になることを紹介していた。特に注目はハードディスクと比べてX5は10倍以上の速度で同じデータをコピーできる点は見逃すことができないところだ。

■サムスンのSSDを搭載したワークステーションの紹介

サムスンのSSDを搭載したワークステーションの紹介も行われていた。その内の一台は、Samsung 960 EVO SSDを搭載しており、Pocket Cinema Camera 4KのCinemaDNGのRAWが普通に再生ができ、2ストリームぐらいまではタイムライン上に乗せて編集は可能であることをアピールしていた。

ワークステーションの紹介コーナー


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[InterBEE2019]日本サムスンブース:Samsung Portable SSD T5や860 EVOを展示。Samsung SSDを使った映像制作を提案

■日本サムスンブース動画 SSDを活用した4K収録を提案 日本サムスンは、「Portable SSD T5」や「860 EVO M.2」などのSSDを出展。ブース手... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.02 Samsung SSDブース:Portable SSD X5の放送局向けパッケージの参考出展や、携帯性と高速性能両立RAIDストレージを展示

txt・構成:編集部 SSDを6台組み込み、4kg以下を実現したRAIDストレージを展示 日本サムスンとITGマーケティングは12社と共同出展し、Samsung SSD... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2018の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2018に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じ... 続きを読む

[InterBEE2018]クラウディアンブース:容量無制限でデータを保存・管理できるオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」を展示

■クラウディアンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2018 ブース動画]会場から動画レポートをお届け!

厳選動画ブースレポート InterBEE2018から動画ブースレポートをお届け! キヤノン ソニー ... 続きを読む

[InterBEE2018]ImageVISIONブース(動画)

InterBEE2018のImageVISIONブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]PROTECHブース(動画)

InterBEE2018のPROTECHブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]日本サムスンブース:Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kとベストマッチの外付けSSD「Samsung…